このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0699
されこうべとちょうじゃ
サレコウベと長者

放送回:0438-B  放送日:1984年04月07日(昭和59年04月07日)
演出:若林常夫  文芸:沖島勲  美術:青木稔  作画:若林常夫
岩手県 ) 15245hit
あらすじ

昔、ある村に貧しくとも心やさしいお爺さんが一人でひっそりと暮らしていました。

今日はお婆さんの命日でしたが、急な用事で出かける途中、野原の草の陰にしゃれこうべ(頭蓋骨)を見つけました。可哀そうにと思ったお爺さんは、急いで用事を済ませてしゃれこうべの所へ戻ってきました。

すると、しゃれこうべは娘の幽霊として現れ「自分の命日である四月二八日に一緒に親元まで連れて行ってほしい」と懇願しました。

そして娘の命日、お爺さんが娘の家まで付き添って行くと、娘の家では両親や親類が法事で集まっていました。お爺さんは娘の着物をつかんで姿を消し、家の中に入って娘と一緒に様子を見ることにしました。

しばらくすると、給仕していた女中が父親の大事な皿を割ってしまい、それを激しく責め立てる父親の姿を目にしました。昔とちっとも変らない父親の姿に、娘は心を痛め泣きながら野原に帰ってしまいました。

娘の着物から手が離れ、姿が見えるようになってしまったお爺さんは、これまでの話を両親や親類たちに聞かせました。父親は涙を話して娘に詫び、二年間も野原にほったらかされていた娘の骨迎えに行きました。

その後、お爺さんは娘の霊のおかげか、余生を安楽に暮す事ができたそうです。

(紅子 2011-11-1 1:12)


ナレーション市原悦子
出典及川儀右衛門(未来社刊)より
出典詳細みちのくの長者たち(日本の民話 別2巻),及川儀右衛門,未来社,1957年10月31日,原題「サレコウベと長者」,採録地「岩手県上閉伊郡」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.5000 8.50 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/1 1:12 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

40 人のユーザが現在オンラインです。 (32 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)