このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0069
ゆうれいのさかもり
幽霊のさかもり
高ヒット
放送回:0041-B  放送日:1976年07月17日(昭和51年07月17日)
演出:高橋良輔  文芸:沖島勲  美術:西田稔  作画:岩崎治彦
ある所 ) 26303hit
あらすじ

昔ある所に、一軒の骨董屋がありました。今日はあいにく主人夫婦が留守で、甥の忠兵衛が留守番をしていました。

ふと一人の客が入ってきて、店内のいろいろな掛け軸を手に取りはじめました。そして、女の幽霊が描かれている掛け軸に目がとまり、これはいくらか?と、忠兵衛に尋ねました。

この掛け軸は、ただ同然で買ってきたガラクタ品でしたので、忠兵衛は二十文という意味で二本の指を見せました。すると客は「なんと二十両か!それは安い!」と大喜びして、明日に代金を持ってくるからと手付金を払って帰っていきました。

その夜、忠兵衛は大金を手にしてすっかり嬉しくなり、幽霊の掛け軸の前で、ひとりで酒盛りを始めました。掛け軸の中の幽霊に「お前もちょっと出てきて酌でもしてくれや」と声をかけると、なんと本当に掛け軸から幽霊が出てきました。なんとも不思議な事で、初めは怖がっていた忠兵衛も、美人な幽霊のお酌ですっかり酔い潰れてしまいました。

翌朝、目を覚ました忠兵衛の目の前には、幽霊が寝姿になっている掛け軸がありました。はやく女幽霊に起きてもらって元の立ち姿に戻ってもらわないと、二十両がぱぁになってしまう、、、と忠兵衛は困惑しました、とさ。

(紅子 2012-3-13 1:08)


ナレーション常田富士男
出典(表記なし)
DVD情報DVD-BOX第12集(DVD第58巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第17巻-第084話(発刊日:1977年7月20日)/講談社テレビ名作えほん第023巻(発刊日:1978年3月)/二見書房[怪談シリーズ]第2巻_幽霊こわ~い(発刊日:1994年6月25日)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
講談社の300より書籍には地名の明記はない
レコードの解説よりLPレコードの解説には地名の明記はない
8.3333 8.33 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/3/13 1:08 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

32 人のユーザが現在オンラインです。 (27 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)