このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0679
じいさんおるかい
爺さん、おるかい
高ヒット
放送回:0425-B  放送日:1984年01月07日(昭和59年01月07日)
演出:芝山努  文芸:沖島勲  美術:門野真理子  作画:飯口悦子
広島県 ) 29528hit
あらすじ

昔、安芸と備後の境に峠があって、そこに一軒の茶店がありました。

茶店の老夫婦はとても仲が良く、夫婦になって50年二人きりで茶店を切り盛りしておりました。婆様は「私がもし、先に逝ってしまったら、焼かずに棺にいれて押入れにでもしまっておいてください。爺さんとずっと一緒に居たいけぇ」と爺様に頼みました。

婆様はそれから一年後にちょっとした流行風邪をこじらせて、3日後に亡くなってしまいました。爺様は、約束通り婆様を棺にいれて押入れにしまいました。

その晩から、押入れの中から「爺さん、おるかい?」と婆様の声がするようになりました。怖くなった爺様は茶店から逃げ出しましたが、婆様の声はどこまでも追いかけてきます。とうとう爺様は、恐怖で息絶えてしまいました。

そうして気づくと、婆様と一緒に三途の川にいました。爺様は「わしはまだ生きたかったんじゃがなぁ」と思いながらも嬉しそうな婆様をみて、仕方ないかと諦めて閻魔様に会いに行きました。閻魔様は爺様を見ると「お前はまだ10年生きることになっている」と、前歯3本を抜いて娑婆(しゃば)に戻してくれました。

その後、約束の10年がたち、爺様は今度はちゃんと寿命をまっとうして死にました。閻魔様は爺様の事を覚えていて、爺様に極楽行きを告げました。爺様が極楽へ向かう道の途中で、一軒の茶店に立ち寄ると、そこには懐かしい婆様がいました。

二人は笑って抱きあい「また一緒になれたなぁ」そういって再会を喜んだのでした。

(投稿者: もみじ 投稿日時 2012-6-25 16:48)


ナレーション市原悦子
出典広島の伝説(角川書店刊)より
出典詳細広島の伝説(日本の伝説21),若杉慧,角川書店,1977年8年10日,原題「爺さん、おるかい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
5.3929 5.39 (投票数 28) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/6/25 18:06 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

46 人のユーザが現在オンラインです。 (34 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)