このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0663
さかだのからづつみ
酒田のから堤

放送回:0416-B  放送日:1983年10月29日(昭和58年10月29日)
演出:前田康成  文芸:沖島勲  美術:青木稔  作画:前田康成
福島県 ) 11259hit
カニとウナギは数が増えて仲が悪くなった末にどちらも全滅した。

昔、今の福島県相馬の七不思議のひとつに「酒田のから堤」というものがあった。

この池にはカニとウナギが住んでおった。互いの夫婦は住む穴もとなり同士で、始終行き来するなど仲良くしておった。赤ちゃんが生まれれば、お互いにお祝いし合った。

それから何年か経ち、ウナギもカニも以前のような付き合いをしなくなっておった。数が増えたもんで、住むところも食べるものも精一杯。ウナギはカニの掘った穴を拝借するようになり、カニはカニでウナギの食べ物を失敬するようになっておった。こうして両者の仲はだんだん悪くなっていった。

そんなある日、全くの偶然で、カニのハサミにウナギの尻尾が挟まり、あまりの痛さに思いっきり振ったウナギの尻尾はカニを吹っ飛ばしてしもうた。お互いに怒り、カニとウナギの戦争が始まった。長い戦いの末、ウナギは全滅しちまった。それからはカニの天下となり、堤は穴だらけになっていった。

それからというもの、堤には水が溜まらなくなり、しまいにはカニも生きていけなくなった。堤に水が溜まらない原因を土地の人はいろいろ噂したが、本当はカニが開けた穴が原因だったのじゃ。

(投稿者: もげお 投稿日時 2012-3-31 11:09 )


参考URL(1)
http://www.geocities.jp/ikoi98/photo/iwakisoumakaidou/iwakisouma-4/236.html
ナレーション常田富士男
出典三星賢二(偕成社刊)より
出典詳細福島県の民話(ふるさとの民話10),日本児童文学者協会,偕成社,1978年12月,原題「酒田のから堤」,採録地「双葉郡」,再話「三星賢二」
備考相馬の七不思議
場所について福島県福島県双葉郡浪江町酒田(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.6667 7.67 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/3/31 11:51 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (22 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)