このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0656
うさぎとかめ
うさぎとかめ
高ヒット
放送回:0412-A  放送日:1983年10月01日(昭和58年10月01日)
演出:児玉喬夫  文芸:沖島勲  美術:青木稔  作画:上口照人
ある所 ) 76608hit
あらすじ

昔、ある所にウサギのうさ吉がいた。

ある朝、カメどんに会ったうさ吉は、ちょっとカメどんをからかってやろうと思い、「おはよう」と挨拶するカメどんにこう言った。

「“おはよう”ってのはおかしくないかい?だってカメどんは、ちっとも早くないのだもの。」

カメどんは答える。「いやいや、ゆっくり行くのも悪くないですよ。」

うさ吉はさらに言う。「何言ってるの?早い者が勝ちさ。」

こんな言い合いをしているうちに、どちらが早いのか、山のてっぺんまで駆け比べをすることになった。うさ吉は、用意ドンの合図で飛び出すと、あっという間にカメどんとの距離を広げた。

カメどんがあまりに遅いので、うさ吉は一休みすることにした。ところが、一休みのつもりが眠り込んでしまい、うさ吉が目を覚ました時にはすでに時遅く、カメどんは山のてっぺんに着いていた。

かけっこでカメどんに負けたうさ吉は、動物たちに笑われ、ウサギ族に恥をかかせたという理由で、ウサギ村からも追放されてしまった。

さて、それからしばらくして、ウサギ村に大騒動が持ち上がった。オオカミがウサギ村に現れ、子ウサギを三匹差し出すように言ってきたのだ。そんな要求はとても呑めず、かといって子ウサギを差し出さなければ、オオカミは村を襲うだろう。村の衆は頭を悩ましていた。

そこに、村の窮状を知ったうさ吉が帰ってきた。うさ吉は、ここは自分に任せてほしいと頼み込み、村の衆にもこれと言った妙案がないので、この件をうさ吉に任せることにした。

翌日、うさ吉はオオカミの待つ峠に一人で向かった。そしてオオカミにこう言った。「子ウサギを連れて来ましたが、オオカミどんの顔が怖いと子ウサギが言うので、あの崖の所で少しの間後ろを向いていて下さい。」

こう言って、オオカミを崖のそばに向わせると、うさ吉はオオカミの後ろから全力で突進した。そして、そのまま体当たりして、オオカミもろとも崖から落ちていった。うさ吉の思いが天に通じたのだろうか。うさ吉だけは崖下の松の木の枝に引っかかり、命びろいした。その後、うさ吉が村に戻れたのは言うまでもない。

(投稿者:やっさん 投稿日時 2015/2/17 18:37) 


ナレーション常田富士男
出典岸なみ(偕成社刊)より
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
10.0000 10.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2015/2/17 18:37 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

36 人のユーザが現在オンラインです。 (26 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)