このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0638
ねこのぼんおどり
ねこの盆踊り
高ヒット
放送回:0400-A  放送日:1983年07月09日(昭和58年07月09日)
演出:芝山努  文芸:平見修二  美術:門野真理子  作画:芝山努
神奈川県 ) 30991hit
あらすじ

小田原の海辺に文助(ぶんすけ)というじいさんが住んでいた。じいさんの家では、猫が1匹飼われていて、大変かわいがられていた。

さて、お盆近くになると、夜中に干してあった手拭いが無くなる事に気が付いた。不思議に思い、翌日に手拭いを見張っていると、手拭いがふわりと松林の中を飛んで行った。文助じいさんが手拭いを追いかけけて松林の中を行くと、そこには猫達が頭に手拭いをかぶり盆踊りをしているところだった。文助じいさんの猫は、粋な唄を歌い上手に音頭をとっていた。

それを見ていた文助じいさんは楽しくなってきて、うっかり笑い声を立ててしまった。猫達は人の気配に気が付いて一斉に逃げ出し、文助じいさんもあわてて家へ走り帰った。家に帰ると、すでに飼い猫は戻っていて、囲炉裏(いろり)の前で横になって寝ていた。だが、よく見ると息を荒げた状態で必死に寝たふりをしていた。

文助じいさんはこれからも毎年、手拭いをきれいに洗って、猫のために準備してあげた。

(紅子 2011-7-26 22:13)


ナレーション市原悦子
出典神奈川県
備考里のかたりべの「かわうそたちとねこと牛どん」でも放送
DVD情報DVD-BOX第3集(DVD第14巻)
場所について小田原の酒匂(地図は適当)?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報講談社テレビ名作えほん第082巻(発刊日:1987年8月)
講談社の300より書籍によると「神奈川県のお話」
8.9643 8.96 (投票数 28) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/7/26 22:13 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)