このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0063
くまときつね
熊と狐

放送回:0037-B  放送日:1976年06月19日(昭和51年06月19日)
演出:坂本雄作  文芸:坂本雄作  美術:坂本雄作(ジャック)  作画:坂本雄作
中国地方 ) 17708hit
あらすじ

昔、ある山に狐と熊が住んでいた。ある日狐が熊のところへやってきて、一緒に畑を作ろうと誘う。狐が言うには、「熊さんは山で一番の力持ちだ。だから畑はおまえさんが作る。そのかわり、わたしゃ種を探してきます。で、できたものは半分ずつ。」という具合で、熊は一生懸命畑を耕し、狐は里から種を盗んできて、この畑に植えた。

やがて、種から大根が育ってきた。おいしそうに見つめる熊に、狐はこういった。「後でもめないように、お互いの取り分を決めましょう。熊さんは土から上を、あっしは土から下のものでいいですよ。」やがて大根は大きくなり、いよいよ収穫となった。

熊は約束通り、土から上の大根の葉をとって、喜んで食べていたが、一日もたつと葉はみんなしおれて食べられなくなった。一方狐は、土から下の大根を料理して美味しそうに食べているのだった。これに怒った熊は、今度は狐が土から上のものにしようと、また一緒に畑を作り始めた。

そうしてできたのは、苺だった。狐は先に土から上のものを収穫したと言うので、熊が畑へ行って掘ってみると、出てきたのは根っこばかりだった。「よくもだましたな!」と、さすがの熊も怒って帰ってしまった。

数日後、また狐が熊のところへやってきて、先日の罪滅ぼしだと、熊にはちみつがたっぷりある蜂の巣の場所を教えた。はちみつに目がない熊は、早速蜂の巣へ向かった。ところがこれがくまん蜂の巣だったため、熊は体中を刺された。その隙に、狐はちゃっかりと蜜だけの蜂の巣を貰っていった。

その夜、熊は痛さのあまり寝られずに叫んでいた。心配して訪ねてきたみみずくに訳を話すと、みみずくは熊に良い知恵を教えた。

数日後、また狐が熊のところへ行ってみると、熊は狐の大好物である、馬の肉を食べていた。目がくらんだ狐は、熊にこの肉をどうやって手に入れたかを聞いた。熊が言うには、「旨そうな馬に目をつけて、後ろ足にかみつく。馬っていうのは後ろ足が急所だから、そこをかまれると死んでしまう。死んだところで、わしがおまえの家まで運んであげよう。」

そうして二人が原っぱにいってみると、たくさんの馬が草を食べていた。馬の肉が食べたい一心で、狐はとびきり大きい馬の後ろ足にかみついた。驚いた馬は、狐をおもいっきり蹴飛ばした。狐はどこかへ飛んで行ってしまったそうだ。

(投稿者: 十畳  投稿日時 2011-8-11 6:58 )


ナレーション常田富士男
出典(表記なし)
VHS情報VHS-BOX第4集(VHS第37巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第10巻-第047話(発刊日:1976年12月10日)/講談社テレビ名作えほん第012巻(発刊日:1977年10月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「中国地方の昔ばなし」
講談社の300より書籍には地名の明記はない
6.6667 6.67 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/8/11 19:00 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

25 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)