このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0629
ていていこぶし
テイテイコブシ
高ヒット
放送回:0394-B  放送日:1983年05月28日(昭和58年05月28日)
演出:池原昭治  文芸:沖島勲  美術:池原昭治  作画:池原昭治
愛知県 ) 22151hit
古寺に住みついた四人の化け物の正体を暴いた坊さんの話

愛知県一宮市東加賀野井(ひがしかがのい)がまだ美濃国加賀野井郷(かがのいごう)だった頃。

冷たい雨の中を旅の坊さんが宿を求めて加賀井郷に辿り着いた。しかしこのみすぼらしい旅の僧を泊めようとする村人は誰一人おらず、坊さんは村外れの木曽川沿いにある生きて帰れた者がいないという古い荒寺に泊まる事になった。

荒れ果てた寺には人のいる気配が無く、薄気味悪い空気の中坊さんは本堂で夜の勤行を始めた。すると急に灯明が消え、物凄い音を立てて天井の穴から大入道が降りてきた。大入道の鼻息が首筋にかかる度坊さんは生きた心地もせず、一層声を上げお経を唱えた。

しかしその後も引き戸から、壁穴から、格子窓からと更に三人の化物が“テイテイコブシ”と呼ばれる大入道を訪ね本堂へ入ってくるので坊さんは尚も震えが止まらなかったが、化け物達の話し声からお経を上げている間は襲われない事を知ると、隙を見て態度を翻し化け物達を一喝した。

化け物達はこれに驚いて消え去り、しばらく経つと夜が明けたので坊さまが天井裏を調べてみると、大入道の着ていた衣の上に椿の古木でできた小槌があった。

テイテイコブシの正体はこの小槌が化けた妖怪であり、坊さまは村人と一緒に小槌を焼き捨てると、続けて残りの化け物の正体である蓮池の大鯉、富田山の白狐、竹藪の3本足の鶏を退治し懇ろに弔った。それ以来、この地方では椿の木で道具を作る事はしなくなったという。

(投稿者: お伽切草 投稿日時 2012-10-2 0:10 )


ナレーション市原悦子
出典小島勝彦(未来社刊)より
出典詳細尾張の民話(日本の民話66),小島勝彦,未来社,1978年05月10日,原題「テイテイコブシ」,採録地「尾西市」,話者「渡辺洪一」,採集「小島和子」
場所について愛知県一宮市東加賀野井(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.8333 8.83 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/10/2 3:42 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)