このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0626
たつこひめものがたり
辰子姫物語
高ヒット
放送回:0392-B  放送日:1983年05月14日(昭和58年05月14日)
演出:杉井ギサブロー  文芸:杉井ギサブロー  美術:馬郡美保子  作画:馬郡美保子
秋田県 ) 28339hit
あらすじ

昔、院内(いんない)の里に辰子という一人の娘がいた。辰子は野山を駆け巡り、自然にはぐくまれて育ち、やがて美しい娘になった。しかしそんな辰子は、まだ自分の美しさに気づいていなかった。

ある秋の日、辰子が木の実を取りに山に入ると、茂みの中に鏡のように澄んだ泉を見つけた。辰子は泉の水でのどを潤すと、何気なく水面に目を落とした。辰子はこの時、初めて自分の姿を見て、その美しさに気がついたのだ。

それからというもの、自由奔放に野山を駆け回っていた以前の辰子は影を潜め、辰子はじっと物思いに沈むようになった。自分の美しさに気づいた辰子は、年を取ってその美しさを失うのが耐えられなかったのだ。「いつまでも美しいままでいたい。」辰子の想いは募るばかり。思いあまった辰子は、毎晩観音堂に通い願掛けをするようになった。すると百日目の夜、辰子にお告げが下った。

お告げはこうだった。「辰子よ、お前の願いは本来、人の身には許されぬこと。しかし、美しさにとらわれて苦しむお前の姿は哀れだ。この山の北にある湖の水を飲むがよい。その水を飲めば永劫の若さを手に入れるだろう。」

翌日、辰子はお告げの通り、山を北へ北へと進んだ。すると、山の鳥、木々のざわめき、果ては風までもが「辰子、村へ帰れ、北へ行くな!!」と言って辰子の行く手を阻む。だが、辰子はこれを聞かず、なおも北へと進む。そうして三日目に、辰子はとうとう湖に着いた。

辰子が湖の水を飲むと、全身の血が熱くなり、体を逆さに流れるようであった。そしてしばらくすると、辰子の体は一頭の龍に変わっていた。しかし、湖面に映る辰子の姿は、いつまでも美しい娘の姿のまま。こうして辰子は、永遠の若さを手に入れ、ずっとこの湖に住んだ。

それからというもの、村にいる辰子の母のもとには、湖から魚が届けられるようになった。これは、辰子が元気に暮らしている証に送ってくるのだと言われている。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2012-6-26 8:59)


ナレーション常田富士男
出典松谷みよ子(未来社刊)より
出典詳細秋田の民話(日本の民話10),瀬川拓男、松谷みよ子,未来社,1958年07月30日,原題「辰子姫物語」,採録地「仙北郡」
場所について田沢湖(辰子姫の竜の棲む湖)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.0000 7.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/6/26 8:59 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)