このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0062
さだろくとしろ
さだ六とシロ
高ヒット
放送回:0037-A  放送日:1976年06月19日(昭和51年06月19日)
演出:亜細亜堂  文芸:沖島勲  美術:西村邦子  作画:亜細亜堂
秋田県 ) 84407hit
あらすじ

秋田県の山奥の鹿角(かづの)の領に、さだ六という鉄砲打ちの名手がいた。

さだ六は、子牛ほどもある真っ白なシロという秋田犬を飼っていて、とても優秀な猟犬だった。さだ六は、猟の名人だったため、他国の領地でも自由に猟をすることを許された将軍さまの証文を持っていた。

冬のある日、シロと一緒に猟に出かけたさだ六は、珍しい青猪(あおいのしし)を見つけた。どんどん追いかけているうちに、隣の三戸領(さんのへりょう)に入り込み、とうとう青猪を巣穴まで追い詰めた。

青猪の巣穴には、傷ついた母イノシシのと小さな子供のイノシシがいた。さだ六は、少々ためらったが「猟師の定めじゃ、許せ」と言い、引き金を引いた。

その晩は、ものすごい吹雪だったため、山の洞穴で夜を明かした。翌日、親子の青猪をソリにのせ、自分の領地に向けて歩いていると、三戸領の役人に呼び止められた。

さだ六は、天下御免の証文を見せようとしたが、家に忘れてきてしまった。証文がなければ、明日、処刑される。主人の危機を察したシロは、証文を取りに家に駆け戻るが、シロが戻ってみると既にさだ六は処刑された後だった。

シロはさだ六の死体をひきづって、いくつもの峠を越えて自分の領地へ向かった。しかし、力尽きたシロは、自分の領地に入った所で悲しい遠吠えを残し、そのまま石になった。今でも、この峠の事を「犬吠峠」という。

(投稿者: ゲスト 投稿日時 2012-6-6 12:54 )


参考URL(1)
http://akitanosake.com/his/
ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
DVD情報DVD-BOX第2集(DVD第6巻)
VHS情報VHS-BOX第2集(VHS第15巻)
場所について老犬神社(秋田犬シロをまつる)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第5巻-第024話(発刊日:1976年8月10日)/童音社BOX絵本_第77巻(発刊日不明:1970~1980年頃)/二見書房まんが日本昔ばなし第6巻-第22話(発刊日:2006年1月24日)/講談社テレビ名作えほん第017巻(発刊日:1977年12月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「秋田地方の昔ばなし」
童音社の絵本より絵本巻頭の解説(童音社編集部)によると「秋田地方の昔ばなし」
講談社の300より書籍によると「秋田県のお話」
7.5429 7.54 (投票数 35) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/6/6 23:42 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

123 人のユーザが現在オンラインです。 (64 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)