このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0597
おおみそかのむぎめし
大晦日の麦飯

放送回:正月特番  放送日:1983年01月02日(昭和58年01月02日)
演出:前田康成  文芸:沖島勲  美術:阿部幸次  作画:前田康成
愛媛県 ) 15421hit
あらすじ

昔、ある村に大金持ちの大きな屋敷がありました。この屋敷に住む夫婦は、大勢の召使いにかしずかれ、何不自由なく暮らしていました。この召使いの中に、子供の時から奉公しているお房というよく働く女がいました。

ある年の大晦日、この村では年越しの晩だけは昔の苦労を忘れぬために麦飯を食べるしきたりがありました。お房はしきたりどおり麦飯を用意しましたが、すっかり贅沢な食事に慣れてしまっていた夫婦は、何かと理由を付けて食べませんでした。お房がたしなめると、夫婦は「生意気にも主人に意見するのか!」と怒りだし、お房をクビにしてしまいました。

長い間この屋敷で働いてきたお房にはどこにも行くあてがなかったので、今夜は馬小屋で寝て、明日出ていくことにしました。この様子をずっと見ていた麦の神様は怒り、自分も屋敷を出ていくことにしました。すると米の神様も一緒に出ていくと言い出し、それに賛同した金の神様も出ていくことになりました。

翌朝、お房が屋敷から出ていこうと門を一歩またぐと、釜や水がめや瓦や柱たちが騒ぎだしました。「お房が出ていくならおれたちも出ていく」と口々に言って、お房の歩く後について行ってしまいました。屋敷はすっかり形がなくなり、そうとも知らない金持ち夫婦は、まだ雪の上で寝ていましたとさ。

(紅子※講談社の決定版100より 2011-12-30 4:29)


ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
講談社の300より書籍によると「愛媛県のお話」
10.0000 10.00 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/30 4:29 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

29 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)