このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0595
ちからばあさま
力ばあさま

放送回:0373-B  放送日:1982年12月25日(昭和57年12月25日)
演出:芝山努  文芸:沖島勲  美術:門野真理子  作画:佐藤真人・洞沢由美子
長野県 ) 19036hit
あらすじ

昔、長野は佐久の内山(うちやま)に、物凄く力持ちの婆さまが住んでいた。その怪力ぶりと言ったら、山で木を切れば、木の切り株を素手で掘り起こしてしまう程。

この婆さま、怪力の持ち主と言うだけではなく、気立てが良いので、村の皆からたいそう慕われていた。ある時など、米俵を積んだ馬が川に落ちて、村の者から助けを求められた。婆さまは川に入ると、米俵をポンポーンと軽く放り上げ、最後には馬を担いで川から上がって来てしまうのだった。

さて、そんなある年の年の瀬。お正月も近づき、村の家々では餅つきが始まった。婆さまの家でも、餅をつけない人に代わって、婆さまが餅をついていた。ところが怪力の婆さまのこと、婆さまが杵(きね)で餅をつく音は地の底の地獄まで響いた。

その音を聞いた鬼の総大将は、手下の鬼どもを集めて、地上から餅をくすねて来るよう命じる。この年は地獄に来る亡者が少なく、地獄では正月の餅が不足していたのだ。そして婆さまのいる村には、地獄でも一番の力持ち、万力(まんりき)という名の鬼がやって来た。

万力は村の家々を回っては餅を脅し取り、とうとう最後に婆さまの家に来た。鬼などに餅をやりたくない婆さま、何食わぬ顔で「もち米が不作で餅はついてない。」と言う。一方の万力も、どうにか餅を奪おうと「ワシの餅をやるから手を出せ。」と言う。

婆さまが窓から手を出すと、万力はすかさず婆さまの手を取り、「腕を抜かれたくなければ餅を出せ!」と脅す。「ワシと力比べをしたいと言うんか?」婆さまは思い切り万力の腕を引いた。こうして窓越しに、婆さまと万力の力比べが始まった。勝負はなかなかつかなかったが、最後は婆さまが万力の腕を抜けんばかりに引き、万力は泣きながら許しを乞う。

婆さまは、万力に二度と悪さをしないと誓わせ、手を放した。万力は奪った餅を村人に返し、ほうほうの体で逃げて行く。ところが、婆さまがあんまり強く腕を引いたものだから、途中で左腕が抜け落ちてしまった。平賀の村はずれの落手場(おってば)という所が、鬼の腕が落ちた場所だと伝えられている。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2012-12-8 19:21)


ナレーション市原悦子
出典長野県
DVD情報DVD-BOX第12集(DVD第60巻)
場所について佐久市内山(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報講談社テレビ名作えほん第092巻(発刊日:1988年1月)
講談社の300より書籍によると「長野県のお話」
8.0000 8.00 (投票数 7) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/12/8 19:21 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

56 人のユーザが現在オンラインです。 (44 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)