このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0533
にんぎょうざん
人形山
高ヒット
放送回:0334-B  放送日:1982年03月27日(昭和57年03月27日)
演出:前田康成  文芸:境のぶひろ  美術:門屋達郎  作画:前田康成
写真あり / 富山県 ) 52117hit
女人結界の山に入って凍死した、親思いの姉妹の話

昔、越中の平村に、母親思いの仲の良い姉妹が病気の母親と三人で暮らしておりました。

二人の父親は早くに亡くなっていて、白山権現様を信仰する信心深い母親は一人で二人で娘を育てていましたが、無理がたたったのか病気になってしまったのです。姉妹は、母親の代わりに一生懸命に働き、幼いながらも一人前の働きをするようになっていました。

しかし、母親の病は春になってもよくならず、幼い姉妹はいつも「南無白山権現」と唱えながら病気が治ることを祈っていました。そんな親孝行の二人に白山権現様からの夢のお告げがあり、病気を癒す温泉を教えてもらいました。二人は、雨の日も風の日も毎日母親を温泉に担いで連れていってあげました。

そうして、秋になるころに母親の容態はよくなり、二人は秋の収穫をする際にふと思い立って、白山権現様にお礼参りをしようと出かけました。ところが、白山権現様は女人禁制の厳しい掟がありました。そんなこととは知らない姉妹は白山権現様にお礼をして、帰り道に吹雪にあい遭難してしまいました。

もし、思い立ってのお礼参りでなければ、母親に一言声をかけていれば当然教えてもらえたはずの女人禁制でした。禁を破ったことにお山が怒ったのか、あるいは季節より早い吹雪がきたのか…姉妹はついに帰ってくることはありませんでした。

一人取り残された母親は、春になって姉妹の事を思いながらとぼとぼと畑に向かっているとき、山肌に姉妹の姿を見つけました。姉妹の早すぎた死を悼んで山の雪も二人の姿を消すことができなかったのでしょう。その二人の人形(ひとがた)の話は村に伝わって、いつの頃からかこの山を「人形山(にんぎょうざん)」と呼ぶようになったということです。

(投稿者: もみじ 投稿日時 2012-12-25 15:37 )


ナレーション常田富士男
出典富山県
現地・関連お話に関する現地関連情報はこちら
場所について人形山
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報講談社デラックス版まんが日本昔ばなし第40巻(絵本発刊日:1985年10月15日)
絵本の解説白山権現とは、富山県東砺波郡平村にある白山宮のことです。北国では、冬のおとずれとともに、あたり一面白一色、雪の世界に閉ざされてしまいます。人々はいろりのまわりでわらじを編んだり、縄をなったりしながら、じっと春を待っているのです。それだけに雪どけは大きな喜びなのでしょう。みんな、山肌がすこしずつ見えてくるのをうきうきとした気分でながめているのです。その残り雪が少なくなってくると、ふとなにかの形に見えます。この話も、そんなところから生まれたのかもしれません。美しくも悲しい、親思いの姉妹の話は、まっ白な雪にふさわしい物語です。(富山地方の昔ばなし)(講談社のデラックス版絵本より)
講談社の300より書籍によると「富山県のお話」
8.2778 8.28 (投票数 18) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/12/25 23:24 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

151 人のユーザが現在オンラインです。 (65 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)