このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0513
かたみのにんぎょう
かたみの人形

放送回:0322-B  放送日:1982年01月02日(昭和57年01月02日)
演出:馬郡美保子  文芸:漉田実  美術:馬郡美保子  作画:馬郡美保子
栃木県 ) 14330hit
ウホホホ、ウホホホ、エイヤー!

昔、栃木県烏山(からすやま)にちかい木須川のほとりに住む長者には、一人娘がいました。女房に先立たれた長者は、残された娘を大切に育て、村でも評判の美しい娘になりました。

いつの頃からか、長者の村に近い山に山賊が住みつき、旅人が襲われたり村が焼かれたりするようになりました。そんなある日、山賊の頭(かしら)が長者の娘に一目ぼれし、嫁によこさなければ村を丸焼きにする、としつこく脅しました。娘は仕方なく、村を守るために山賊のところへ嫁に行くと決心しました。

いよいよ明日が嫁入りという時、母のかたみの人形の目があやしく光ったかと思うと、娘はそのまま気を失って倒れてしまいました。次の日の朝、迎えにやって来た山賊たちは花嫁姿の娘をかごに乗せて連れ出すと、なんとそれは花嫁衣装をつけた人形でした。

怒った山賊の頭は人形を川へ放り出し、長者の屋敷を丸焼きにしようと出発しました。山賊たちが長者の屋敷に到着すると、そこには屋敷を守るようにとぐろを巻いている巨大な竜が目を光らせていました。山賊たちは竜からさんざん炎を吐きかけられ、自分たちが丸焼けになってしまうと命からがら山に逃げ帰りました。

静かになって長者と娘がおそるおそる外を見ると、そこには母のかたみの人形がずぶぬれになって転がっていました。その後、この村の近くで山賊のうわさを聞くこともなくなりました。

(紅子 2011-11-18 1:54)


ナレーション市原悦子
出典栃木県
場所について木須川のほとり(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報講談社テレビ名作えほん第088巻(発刊日:1987年11月)
講談社の300より書籍によると「栃木県のお話」
8.6667 8.67 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/18 1:54 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

41 人のユーザが現在オンラインです。 (35 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)