このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0507
やまんばのけ
山姥の毛
高ヒット
放送回:0319-A  放送日:1981年12月12日(昭和56年12月12日)
演出:フクハラ・ヒロカズ  文芸:沖島勲  美術:水野尾純一  作画:フクハラ・ヒロカズ
三重県 ) 20594hit
美しい黒髪に嫉妬した山姥の話

昔、三重のとある城跡に山姥が住むという古井戸がありました。

ある日の事、おもとという百姓の若女房が、焚きつけ用の松葉を拾いにやってきました。おもとは豊かな黒髪が自慢で、いつも洗い髪をさらりと束ねていました。おもとが、うっかり古井戸を覗き込むと、いきなりものすごい風が吹き上げました。びっくりしたおもとは一目散に逃げ帰って、そのまま熱を出して寝込んでしまいました。

不思議な事に、寝ているおもとの髪は目に見えてにょろにょろと伸び始めました。この髪は「切れ」と言うと激しい頭痛をおこし、「切るな」と言えばおさまるというおかしなものでした。これは山姥のたたりに違いないと、おもとは遍照院(へんじょういん)というお寺の御年寄様のところに七日間毎日通う事になりました。

おもとはものすごい長さの髪の毛を大きな荷車に載せ、やっとこさ通い続けました。七日目、御年寄様は一心に念仏をとなえ、おもとの髪の毛を一気に切り落としました。すると、切った髪の毛は竜巻のように舞い上がり、古井戸のある城跡の方へ飛んでいきました。

御年寄様は「山姥といえどもおなご、醜い姿で古井戸に身を隠しているのに、これ見よがしに黒髪を見せつけられて腹を立てたのだ」と言って、若い夫婦をたしなめました。こんな事があってから、おもとは自慢の髪を百姓の嫁らしく、くるくるとマゲに結う事にしました。

(紅子 2011-12-19 1:05)


参考URL(1)
http://www4.cty-net.ne.jp/~mie/rekishi-shiseki/kyoudoshi=1/02-04higashisakabe/body.html
参考URL(2)
http://www.asahi-net.or.jp/~qb2t-nkns/kayou.htm
ナレーション市原悦子
出典三重県
DVD情報DVD-BOX第6集(DVD第26巻)
場所について三重県四日市市萱生町238 萱生城跡にある古井戸(現在は暁学園高校・中学校の敷地)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
講談社の300より書籍には地名の明記はない
8.0000 8.00 (投票数 8) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/19 1:05 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

35 人のユーザが現在オンラインです。 (25 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)