このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0005
さるかにがっせん
さるかに合戦
高ヒット
放送回:0003-A  放送日:1975年01月21日(昭和50年01月21日)
演出:光延博愛  文芸:平見修二  美術:阿部行夫  作画:三重野要一
新潟県 ) 147895hit
母を殺された子ガニが協力者を得て、猿をやっつける話

お腹を空かせたカニのお母さんが食べ物を探していると、そこに柿を持った乱暴者の猿がやって来た。カニが物欲しそうに見ていると、猿は目の前で柿を食べ、その種をカニに投げつけた。

仕方なくカニは別の食べ物を探しているとおにぎりが落ちていた。猿もそれを見つけたが、カニが必死になってこれは自分の物だというと、猿は柿の種と取り替えないかと持ちかける。カニは断るが、猿は勝手におにぎりを食べて柿の種を置いていってしまう。

カニは悔しがったが、仕方がないので柿の種を植えて育てることにする。「早く芽を出せ柿の種。出さぬとハサミでちょんぎるぞ。」と歌うと地面から芽がでてきた。さらに歌うと柿の芽は木になり、さらに歌うと実がついた。

カニが柿の実を食べようとしたが、実に手が届かない。そこに意地悪な猿がまたやって来た。猿は「おいらが柿の実をとってきてやる」と言って勝手に木に登り、柿の実を次々と食べていき、カニにはまだ熟れていない青い柿をぶつける。

その拍子にカニの甲羅が割れて3匹のカニの子が産まれたが、その怪我がもとで、カニのお母さんは死んでしまった。やがて大きくなった3匹のカニの子は、母親の敵討ちをしようと決心し、栗と蜂と牛の糞と臼を仲間に入れて連携して猿を懲らしめることに成功した。

(稿: 蔵人 本掲載日2012-8-14 14:33 )


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
備考二見書房の絵本に新潟のお話と明記あり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第14巻-第066話(発刊日:1977年4月15日)/国際情報社BOX絵本パート1-第036巻(発刊日:1980年かも)/二見書房まんが日本昔ばなし第6巻-第21話(発刊日:2006年1月24日)/講談社デラックス版まんが日本昔ばなし第02巻(絵本発刊日:1984年10月15日)/講談社テレビ名作えほん第013巻(発刊日:1977年11月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「新潟地方の昔ばなし」
講談社のデラックス版絵本より「さるかに合戦」は「日本五大昔ばなし」のひとつ。登場するものが多少ちがった形で、日本各地に伝わっています。悪がしこい猿にいじめられ、怪我をさせられて死んでいったお母さん蟹のかたきをとろうと、子蟹たちは猿をやっつけに、勇んで出かけていきます。その子蟹の話を聞いて手助けを申し出る、くり、はち、牛のくそ、うす…。作戦は見事に成功しました。弱い者でも、お互いに協力し、長所を生かして立ち向かえば、たとえ自分よりずっと強い相手でも倒すことはできるのだといういことを、教えてくれています。(新潟地方のお話)
講談社の300より書籍には地名の明記はない
レコードの解説よりLPレコードの解説によると「新潟地方の昔ばなし」
7.0000 7.00 (投票数 10) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/14 14:34 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

57 人のユーザが現在オンラインです。 (49 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)