このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0482
よいしあんだに
よいしあん谷

放送回:0302-B  放送日:1981年08月15日(昭和56年08月15日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:なかちか東  作画:小林治
山口県 ) 17849hit
あらすじ

岩国(周防の国)の関戸村のいやずけ谷で、一人の猟師が獲物を探していた。雨も降っていたので、鳥屋(とや、小屋のこと)の中で、じっと獲物が現れるのを待っていた。

鳥屋の中からふと外を見ると、ミミズがガマガエルから食べられるところだった。ちょっとミミズが哀れだな、と思っている間に、白蛇がそのガマガエルを飲み込んでしまった。猟師は血の気が引く思いだったが、突然キジが現れ白蛇を襲った。次々と起こる出来事に驚いたが、せっかくの獲物を仕留めようとキジに鉄砲を向けた。

すると今度は、キジを狙ってヤマネコが飛び込んできた。猟師に背を向け、キジを食べ始めたヤマネコに鉄砲を向けたが、なんと今度は大きな熊がやってきた。熊はヤマネコを一撃で倒し、ヤマネコをくわえてやぶの方へ歩いて行った。

猟師はそっと熊のあとを追いかけ、木陰から様子をうかがった。ちょうど、二匹の子熊がヤマネコを食べているところだった。猟師は、「こんないいチャンスはまたとない」と思い、鉄砲で狙いを定めた。

猟師は、これまで起こった事を思い浮かべた。自分が子グマを撃てば、今度は自分が母グマに襲われるような錯覚に陥り、驚いてその場から逃げ出した。そして思案した猟師は「もう生き物を殺す仕事はやめよう」と決心し、谷底に鉄砲を捨てた。それ以来、この谷のことを「よいしあん谷」と呼ぶようになった。

(紅子 2011-9-14 1:38)


ナレーション市原悦子
出典山口県
DVD情報DVD-BOX第7集(DVD第35巻)
場所について山口県岩国市関戸(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報国際情報社BOX絵本パート2-第104巻(発刊日:1980年かも)
講談社の300より書籍によると「山口県のお話」
8.0000 8.00 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/9/14 1:38 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

32 人のユーザが現在オンラインです。 (26 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)