このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0461
おおうおのめんたま
大魚の目ん玉

放送回:0289-A  放送日:1981年05月16日(昭和56年05月16日)
演出:なべしまよしつぐ  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:なべしまよしつぐ
ある所 ) 9532hit
あらすじ

ある漁村では魚がたくさん捕れたので、村の人々は豊かに暮らしていた。

その活気ある村で、魚を捕るのが苦手なスボロという若者がいた。間抜けなスボロは村の人からは相手にされず、一人だけポツンと離れたところに暮らしていた。

スボロは村の人たちが漁から帰った頃に、人目を避けて漁に出掛けたが、やはり魚は捕れない。食べるものも無くみじめで悲しくなり、ある夜、自殺するつもりで夜の海に漕ぎ出した。船の上から身を乗り出すと、これまでに見たことがないくらいの大きな魚が現れた。銛(もり)が刺さって大けがをしていたので銛を抜いてあげると、大魚はお礼にと自分の目玉をくれた。

大魚の目玉で海の中を見ると、海の中はどこまでも澄んで見え、魚のいる所や魚の気持ちもわかるようになった。スボロが海に釣竿を垂らすと、どんどん魚が釣り上がってきた。あっという間に小さな船にいっぱいになる程の、沢山の魚を釣り上げた。

自信をつけ嬉しくなったスボロは、意気揚々と村に帰った。もう、村ではこの若者をスボロと呼ぶ者はいなくなった。スボロはいつでも好きなだけ魚を捕ることができ、やがて嫁さんをもらい、いつまでも幸せに暮らした。 

(紅子 2011-6-27 4:37)


ナレーション常田富士男
出典辻田三樹恵(晴文社刊)より
出典詳細風の長者さま,辻田三樹恵,晴文社,1978年12月24日,原題「赤目の漁師」※かもしれない
備考読み方不明、出典元はまんが日本昔ばなしアフレコ台本にて確認した。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.5000 7.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/6/27 4:37 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)