このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0453
かえるとしまい
蛙と姉妹
高ヒット
放送回:0283-B  放送日:1981年04月04日(昭和56年04月04日)
演出:河内日出夫  文芸:沖島勲  美術:古宇田由紀子  作画:河内日出夫
栃木県 ) 29388hit
あらすじ

昔、あるところに幼い姉妹がいました。姉は美しいが意地悪で、妹は気立てが優しくみんなから愛される子でした。姉妹は毬をついて遊ぶのが大好きでしたが、いつも姉が毬を一人占めし、妹は毬を貸してもらえませんでした。

ある日の事、姉は母親と町に出かける事になりました。姉のいない間に、こっそりと毬で遊んでいた妹は、うっかり毬を池に落としてしまいました。困った妹の前にイボガエルが現れ、「わしの願いを2つ聞いてくれるなら拾ってきてあげよう」と言うので、妹は仕方なくカエルと約束しました。

そのカエルの一つ目の願いとは、カエルと一緒に食事をする事でした。見た目が気持ち悪いカエルとご飯を食べるのは嫌でしたが、妹は頑張りました。二つ目の願いは、カエルと一緒に布団で寝る事でした。泣いて嫌がった妹でしたが、我慢してカエルと一緒に寝ました。
翌朝、目を覚ました妹は、「約束を守ったご褒美に」とカエルから金の毬をもらいました。

町から帰って来た姉は、自分も金の毬が欲しくなり、わざと池の中に自分の毬を投げ入れました。しかし、カエルの一つ目の約束である一緒に食事をする事がどうしてもできず、お茶碗を放り出して逃げだしてしまいました。

姉は、追いかけてきたカエルに向かって、力いっぱい毬を投げつけました。するとカエルはどんどん巨大化して姉に迫ってきます。姉を追い詰めたカエルは、「約束を破る奴は人間の資格はない、今日からわしの娘となれ」と言い、姉の姿をカエルにしてしまいました。それからというもの、池のカエルは「カエロ、カエロ」と泣いているそうです。

(紅子 2011-10-4 1:11)


ナレーション常田富士男
出典栃木県烏山町
DVD情報DVD-BOX第11集(DVD第51巻)
場所について那須烏山市下境の稲積城跡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報国際情報社BOX絵本パート2-第099巻(発刊日:1980年かも)/講談社テレビ名作えほん第067巻(発刊日:1986年12月)
講談社の300より書籍によると「栃木県のお話」
5.0000 5.00 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/10/4 1:11 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

56 人のユーザが現在オンラインです。 (48 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)