このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0447
どっこいだんご
どっこいだんご
高ヒット
放送回:0280-A  放送日:1981年03月14日(昭和56年03月14日)
演出:やすみ哲夫  文芸:久貴千賀子  美術:あかばんてん  作画:岩崎治彦
栃木県 ) 36524hit
あらすじ

昔ある村に、たつ平というのんき者の若者が一人で暮らしていました。頭がぼんやりしているたつ平は、米の作り方も覚えられず、いくつになっても百姓仕事もろくにできない男でした。心配した村人たちは、八方手を尽くして働き者で頭のいい良い嫁を世話してあげました。

そのうち、春のお彼岸になり、たつ平は一人で嫁の里の仏さまにお参りにでかけました。嫁の機転でどうにか道にも迷わず、無事隣村の嫁の実家へたどり着き、団子をご馳走になりました。初めて食べる団子の美味しさに驚いたたつ平は、さっそく家に帰って嫁に作ってもらおうと、道中忘れないように「だんご、だんご」と言いながら家路を急ぎました。

もうすぐわが家へ帰りつく所で、庄屋さんと出会い頭でぶつかってしまい、庄屋さんが溝にお尻を突っ込んでしまいました。たつ平は庄屋さんを起そうと「どっこいしょ!」と掛け声をかけたはずみで、団子の事はすっかり忘れてしまいました。

家に帰り着いたたつ平は、嫁の顔を見るなり「どっこいしょ、を作ってけろ!」と言いますが、もちろん嫁には何の事だかさっぱりわかりません。ついには、やけをおこして大暴れした際に、棚から桶が落ちてきて嫁の頭にぶつかりました。

嫁が「あいたたた、大きな団子みたいなコブができてしまった」と言うと、たつ平は「そうだ!団子だ、団子を作ってくれ」と大声で叫びました。

それからの二人は、団子の原材料のお米を作るために、田んぼを耕すようになりました。おかげで二人の暮らしは豊かになり、二人は末永く幸せに暮らしたという事です。

(紅子 2012-3-23 2:37)


ナレーション市原悦子
出典栃木県烏山町
DVD情報DVD-BOX第7集(DVD第33巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報講談社テレビ名作えほん第047巻(発刊日:1981年5月)
講談社の300より書籍によると「栃木県のお話」
6.4000 6.40 (投票数 10) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/3/23 2:37 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

28 人のユーザが現在オンラインです。 (24 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)