このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0420
むらまさのなた
村正のなた
高ヒット
放送回:0263-B  放送日:1980年11月15日(昭和55年11月15日)
演出:河内日出夫  文芸:久貴千賀子  美術:石川山子  作画:河内日出夫
栃木県 ) 21737hit
あらすじ

村正は自分の作った刀でたくさんの人が殺し合いをするのをみて、自分は本当は人殺しの道具を作りたいのではない、と思い旅にでる。

旅に出た先の山の中で主人公は病気で倒れてしまうのだが、たまたま炭焼き小屋のおじいさんが通りかかり介抱してくれる。村正はそのおじいさんの暖かさに触れ、人殺しのためではなくおじいさんのために鉈を一本作りお礼として渡し、また旅に出た。おじいさんがその鉈を使ってみると大変よく切れ、使い勝手がいいので、いつも持ち歩くようになった。

ある日のこと、お爺さんは湖の淵のがけの上でうとうとと昼寝をしていた。すると、なんと湖から大蛇が姿を現しおじいさんを食べようと狙いをつけたのだ。 その様子をたまたま通りかかったお殿様が家来とともに違う崖の上から見ていた。 蛇がおじいさんに近づき、二人が「あぶない!」と思ったときである。

おじいさんの懐で何かがきらりと光った。きらきらと光るそれを見て、大蛇は悔しそうに湖はと帰っていったのだった。お殿様と家来はあわてておじいさんのところに行って見ると、お爺さんは何も知らないでぽかんとしていた。

殿様がお爺さんに懐に待っているものを見せるように言った。 おじいさんが懐に入れていた鉈を差し出すと、それは名刀鍛冶の村正のうったナタだった、と言うお話だったのさ。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション常田富士男
出典栃木県烏山町
備考村正は、伊勢国桑名で活躍した刀工
DVD情報DVD-BOX第8集(DVD第39巻)
場所について那須烏山市向田 かご山りんご園の西(村正の家があった場所)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報国際情報社BOX絵本パート2-第078巻(発刊日:1980年かも)
講談社の300より書籍によると「栃木県のお話」
8.0000 8.00 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (21 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)