このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0042
ねずみのすもう
ねずみのすもう
高ヒット
放送回:0024-A  放送日:1976年03月20日(昭和51年03月20日)
演出:勝井千賀雄  文芸:沖島勲  美術:西村邦子(アートノア)  作画:高橋信也
秋田県 ) 72118hit
あらすじ

お爺さんが山で柴刈りをしていると、どこからともなく「でんかしょ、でんかしょ」とかけ声が聞こえる。

声のする方に行ってみると、ネズミが二匹相撲を取っていた。太っているネズミは長者のとこのネズミで、痩せているネズミはお爺さんの家のネズミだった。お爺さんは痩せているネズミが負けっぱなしなのを哀れんで、その日餅をついてネズミに食べさせてやった。

すると翌日はやせたネズミも太ったネズミに負けない相撲をとれるようになった。太ったネズミがどうしてそんなに強くなったのかと訪ねると、痩せたネズミはお餅を食べたからだと答える。そこで太ったネズミは今晩蔵の中からお金を持っていくからお餅を食べさせて欲しいと頼む。

その夜お爺さんとお婆さんは二匹のネズミのためにお餅と赤いふんどしを作ってやった。次の日、二匹のネズミは赤いふんどしをしめて「でんかしょ、でんかしょ」と言って相撲をとり、お爺さんとお婆さんはそれを見て喜んだ。

(稿: 蔵人 本掲載日2012-8-14 14:40 )


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
DVD情報DVD-BOX第11集(DVD第52巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第3巻-第013話(発刊日:1976年6月25日)/童音社BOX絵本_第12巻(発刊日不明:1970~1980年頃)/国際情報社BOX絵本パート1-第049巻(発刊日:1980年かも)/二見書房まんが日本昔ばなし第10巻-第40話(発刊日:2006年5月23日)/講談社デラックス版まんが日本昔ばなし第07巻(絵本発刊日:1984年10月15日)/講談社テレビ名作えほん第003巻(発刊日:1977年5月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「秋田地方の昔ばなし」
童音社の絵本より絵本巻頭の解説(民話研究家 萩坂昇)によると「秋田県の昔ばなし」
講談社のデラックス版絵本より貧乏なおじいさんとおばあさんの家に住むヤセねずみは、金持ちの家に住むデブねずみと相撲をしては負けてばかり。それを知ったおじいさんとおばあさんは、お餅を作ってねずみに食べさせ、ひそかに応援します。強くなったヤセねずみにお餅の事を聞いたデブねずみは、自分も一緒にお餅を食べにいき、かわりに家から小判を持って行きます。昔、ねずみは大黒様のお使いと考えられていました。「ねずみ浄土」という昔ばなしでは、ねずみが大判小判を授けてくれます。このようなねずみに対する考えから、この話は生まれたのでしょう。(秋田地方の昔ばなし)
講談社の300より書籍には地名の明記はない
レコードの解説よりLPレコードの解説によると「秋田地方の昔ばなし」
8.0000 8.00 (投票数 11) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/14 14:41 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (26 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)