このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0392
あめをふらせるしろなまず
雨を降らせる白なまず

放送回:0245-A  放送日:1980年07月12日(昭和55年07月12日)
演出:森川信英  文芸:久貴千賀子  美術:久保陽彦  作画:森川信英
福岡県 ) 12081hit
あらすじ

昔、福岡の宗像(むなかた)は、美しい山と豊かな田畑に囲まれた静かな里だった。

ところがある年の夏、日照りが続いたため、田畑はカラカラに乾き、作物はみな枯れてしまった。村人は困り果てたが、ただぼんやりしていてもしょうがないと、村一番の年寄りの太助爺さんの呼びかけで、雨乞いをすることになった。

村人は、昼夜を問わず毎日雨乞いをした。しかし、雨は一向に降る気配を見せない。とうとう村人はあきらめて、村を捨てて他所へ移る準備を始めた。ところが、人一倍村に愛着がある太助爺さんは、人々が村を捨てるのを黙って見てはいられない。子供の頃に噂に聞いた、山奥の泉を探すと言い出したのだ。

こうして爺さまは、強い日差しの照りつける中、一人で山の泉を探しに行った。野を越え山を越え、山の奥へ進んで行く爺さまだったが、足を滑らせ緩やかな崖をすべり落ちてしまった。ところが、その滑り落ちた先には、草木が青々と茂る林があり、さらに探し求めていた泉があったのだ。

爺さまは大喜びで、さっそく泉の水を村に引こうと、村に帰ろうとした。するとその時、泉の方から「もし、爺っさま」と誰かが呼び止める声がする。爺さまが泉の中を見ると、そこには白ナマズが泳いでいた。白ナマズは言う。「この泉の水を村まで引くのは無理じゃ。その代りに、私が雨を降らせてあげよう」

するとナマズの言葉通り、にわかに空がかき曇り、大粒の雨が降り出したのだ。こうして宗像の里は救われ、村人は他所に移らなくて済むようになった。

その後、村人たちは太助爺さんの頼みで泉の近くに小さな社を建て、白ナマズを祀るようになった。そして、今でも水に困ってこの泉から水を引こうとすると、必ず雨が降ると言い伝えられている。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2012-7-16 10:54)


参考URL(1)
http://blog.livedoor.jp/keitokuchin/archives/65508457.html
ナレーション市原悦子
出典加来宣幸(未来社刊)より
出典詳細福岡の民話 第二集(日本の民話52),加来宣幸,未来社,1974年04月25日,原題「雨を降らせる白なまず」,採録地「宗像」,話者「水上晃二」
場所について権現山(武守権現神社の旧境内:白なまずの住んでいる池がある)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
10.0000 10.00 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/7/16 10:54 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

10 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)