このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0390
かっぱとひょうたん
かっぱとひょうたん

放送回:0244-A  放送日:1980年07月05日(昭和55年07月05日)
演出:勝井千賀雄  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:勝井千賀雄
山口県 ) 13079hit
河童が娘を嫁にしようとするも、娘のほうが一枚上手だった

昔、ひょうたんのような山のふもとに、貧しい爺さんと娘が住んでおりました。二人はその山に田んぼを作っていましたが、近くの淵に住む河童が田の水をすっかり抜いてしまいました。

爺さんは淵から水を運んでみたが、焼け石に水で、途方に暮れていました。しょんぼりしている爺さんの前に、河童が現れ「おまえの娘を嫁にくれれば水を引いてやる」と持ちかけました。

翌日、約束通り田んぼには水が入り、枯れかけていた苗も元通り元気になりました。 爺さんは河童との約束を果たすべく、娘にわけを話して嫁に行ってもらうようお願いしました。 泣いて頼む爺さんに、快く河童の所へ嫁入りすることを決心し、大きなひょうたん持って淵にでかけました。

淵に着いた娘は、「まず先にこのひょうたんを淵の中へ運んでください」と河童にお願いしました。しかし、その大きなひょうたんの浮力はすごく、河童はどんなに頑張っても淵の中に沈める事が出来ませんでした。河童は仕方なく娘を嫁にもらう事をあきらめ、田の水を抜いたのは自分だと白状し、淵の底へ逃げ帰っていきました。

それからというもの、河童はいつも田んぼに水を引いてくれるようになり、稲も丈夫に育つようになりました。娘はそのお礼にと、河童の大好物のきゅうりを淵に流してあげたそうです。

(紅子 2011-9-2 23:07)


ナレーション市原悦子
出典松岡利夫(未来社刊)より
出典詳細周防・長門の民話 第一集(日本の民話29),松岡利夫,未来社,1960年09月14日,原題「かっぱとひょうたん」,採録地「都濃郡、佐渡郡」,話者「松村武蔵、久行繁、原田勇一」
場所について和田村の話かも(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
10.0000 10.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/9/2 23:07 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

37 人のユーザが現在オンラインです。 (29 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)