このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0327
やくろうのいぬ
弥九郎の犬
高ヒット
放送回:0205-A  放送日:1979年10月06日(昭和54年10月06日)
演出:前田康成  文芸:境のぶひろ  美術:秋保富恵  作画:前田康成
三重県 ) 21254hit
あらすじ

昔、紀州の山奥に弥九郎という名の猟師が母親と二人で暮していた。ある春の朝、弥九郎が家の戸を開けると、そこには一匹の子犬がいた。

あれは昨年の秋のことだった。弥九郎が夜中に山を歩いていると、深手を負ったオオカミに出くわしのだ。弥九郎はこのオオカミに傷の手当をして、「もしこれで助かったなら、今度の春生まれた子を一匹くれろ。」と笑いながら言った。オオカミはこの約束を果たしたのだ。

弥九郎はこの子犬をマンと名付け、厳しく狩の技を仕込んだ。その甲斐があってか、マンは並みの猟犬をはるかにしのぐ優秀な猟犬に成長した。

次の年の初夏のこと。弥九郎は狩の途中、熊の気配を察知して岩陰に隠れていた。ところが、マンはかまわず飛出し大熊の後ろ足に噛みつく。弥九郎はすかさず槍で大熊にとどめを刺した。何と、マンは一撃で大熊の後ろ足の筋を噛み切っていたのだ。このことがあってから、弥九郎とマンの名は紀州一帯に知れ渡った。

その年の冬、殿様にご覧にいれる大掛かりな狩が催された。マンはこの場でも見事に猪を仕留め、弥九郎は殿様からたくさん褒美をもらった。弥九郎は意気揚々と家に帰った。

ところがどうだろう。弥九郎のおっかさんはマンを山に帰せと言うのだ。「人間に飼われたオオカミは、千匹生き物を殺すと、次にはその主人を食い殺す。」弥九郎が家を出掛ける時、読経を頼んだ旅の坊さんが、マンの素性を見抜きこんな恐ろしいことを言ったのだ。そんな話は弥九郎には到底受け入れられない。弥九郎は言う。「マンは俺の犬。マンあっての弥九郎なんや!!」

外にいたマンは人間の言葉を理解したのだろうか。「ウォーン」と一声鳴くと、山の方へと走り去って行く。「マン、帰ってくれー!!」弥九郎は雪の降る中、裸足で家を飛び出しマンの後を追う。マンは振り返り、一度弥九郎の方を見ると、悲しそうにまた山の方へ歩き出した。それ以降、マンが弥九郎のもとに帰ることは二度となかった。

優秀な猟犬として知られる紀州犬は、このお話のマンが祖先だと伝えられている。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2012-4-29 14:02)


参考URL(1)
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/minwa/kishu/mihama/index.htm
参考URL(2)
http://www.ne.jp/asahi/japan/gaina/intellect-4.html
ナレーション市原悦子
出典倉田正邦(未来社刊)より
出典詳細伊勢・志摩の民話(日本の民話31),倉田正邦,未来社,1961年02月28日,原題「弥九郎の犬」,採録地「南牟婁郡」,話者「山本梅三郎」
場所について三重県熊野市御浜町の阪本地区(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.0000 8.00 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/4/29 14:02 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

40 人のユーザが現在オンラインです。 (27 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)