このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0326
うしかいげんじ
牛飼い源次

放送回:0204-B  放送日:1979年09月29日(昭和54年09月29日)
演出:芝山努  文芸:沖島勲  美術:門野真理子  作画:須田裕美子
岩手県 ) 12012hit
あらすじ

岩手県は九戸郡、九戸富士と呼ばれる階上岳のふもとに、源次と言う目はしの利く牛飼いが住んでいた。この源次が所有する大牛は体も大きく角も立派で、牛同志の角合わせでも決して負ける事が無かった。

ある晩、この大牛が突然姿を消してしまい、源次は牛が盗まれたかと慌てに慌てて方々を探しまわった。見つからずに落胆して家に戻ると、牛は既に牛小屋に戻っていて寝ているのであった。

そ んな事が幾度も続いたので、不審に思った源次はある時寝た振りをして様子を伺い、夜中にそっと家を出た牛の後をつけて行った。すると牛はどんどん山奥に分 け入り、やがて山中の原っぱに辿りついた。そこにはこれまた大きな体を持った熊が待ち構えていた。やがて牛と熊はがっと組みついて力比べを始めた。

毎晩牛が居なくなるのは熊と力比べしていたからか、と気付いた源次は、何とかして牛を勝たせてやりたいと思い、ある日牛が寝ている隙をついて、牛の角に油を塗りつけておいた。

その晩も、牛は家をこっそりと出て山奥へ分け入り、熊と力比べを始めた。牛と熊ががっと組み合い、熊が牛の角に手をかけた瞬間、塗ってあった油でずるっと滑り、そのまま牛の角が熊の胴を貫いた。熊は死んだ。

源次は牛が勝ったので大喜びしたが、それ以後牛は腑抜けのようになってしまい、餌を食べるのも拒み続け、幾日か後にあの熊の屍骸と同じ場所で眠るようにして死んだ。

源次は今更ながらに後悔し、牛と熊をその場に弔った。この社は、「牛熊の社」として長い間残っていたという。

(投稿者: 熊猫堂  投稿日時 2012-9-10 10:36)


ナレーション常田富士男
出典深沢紅子(未来社刊)より
出典詳細岩手の民話(日本の民話02),深澤紅子、佐々木望,未来社,1957年09月30日,原題「牛飼い源次」,九戸郡誌より
場所について階上岳(はしかみ だけ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.0000 7.00 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/9/10 12:14 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

58 人のユーザが現在オンラインです。 (44 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)