このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0256
ごんべえとからす
ごん兵衛とからす

放送回:0160-A  放送日:1978年11月18日(昭和53年11月18日)
演出:やすみ哲夫  文芸:沖島勲  美術:やすみ哲夫  作画:古宇田文男
埼玉県 ) 15150hit
あらすじ

昔あるところに、ごん兵衛という名前の百姓が住んでいた。ごん兵衛が畑に種をまくとカラスがほじくるので、ごん兵衛はいつも困っていた。

ある日、近くに住む六兵衛さんの田んぼの木の上に、カラスが巣をつくり七つ子が生まれた。ごん兵衛は六兵衛さんに「カラス達を退治しろ」と言ったが、六兵衛は「そんなかわいそうなことはできない」と強く拒否した。

翌朝、ごん兵衛は早くから鉄砲を担いで六兵衛の田んぼへ行った。ごん兵衛が、巣から飛び立った母カラスを狙い撃つと、母カラスの足が1本取れてしまった。幼い子カラス達は必死に母の看病をしたが、とうとう母カラスはごん兵衛に打たれた傷が元で死んでしまった。

子カラス達は、森の奥のカラスの仲間たちが住む所へ行った。カラスの長老は子カラス達の話を聞き、母カラスの敵(かたき)を討とうと仲間たちに呼びかけた。

そうとは知らないごん兵衛が畑に種をまいていると、空を覆うかのように大量のカラスがやってきた。そして、よってたかってごん兵衛をつっついた。ごん兵衛は、大勢のカラスにつっつかれたことで一本足となり、その傷が元でとうとう死んでしまった。

その時から、一本足のかかしが田んぼに立っていると、カラスは「ごん兵衛の幽霊が出た」といって、近づかないのだという。

(投稿者: カケス 投稿日時 2013-9-15 11:40 )


ナレーション常田富士男
出典根津富夫(未来社刊)より
出典詳細埼玉の民話(日本の民話57),根津富夫,未来社,1975年05月20日,原題「ごん兵衛とからす」,採録地「飯能」,話者「大野みよ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.7500 7.75 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/9/15 14:12 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

44 人のユーザが現在オンラインです。 (37 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)