このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0253
ふえふきがわ
笛吹川

放送回:0158-A  放送日:1978年11月04日(昭和53年11月04日)
演出:坂井俊一  文芸:沖島勲  美術:石津節子  作画:坂井俊一
山梨県 ) 19647hit
あらすじ

ある川の上流に、三富村という小さな村があり、権三郎(ごんざぶろう)という若者が年老いた母親と二人で暮らしていた。働き者の権三郎は笛を吹くのが大好きで、母親もその笛の音が大好きだった。

ある夏のこと、長雨と台風のせいで川が氾濫し、権三郎は家もろとも濁流に飲み込まれた。権三郎は必死に母親の手をつかんでいたが、激しい流れでその手が離れてしまった。翌朝、すっかり川も静まり返ったが、母親の姿を見つける事は出来なかった。きっと母親はまだ生きている、と信じ、権三郎は毎日々笛を吹きながら川に沿って探し歩いた。

冬がすぎ春がきたが、権三郎は探し歩き続けた。しかし、ある日を境に笛の音が聞こえなくなり、やがて権三郎の水死体が発見された。哀れに思った村人たちは、お坊さんを呼んで丁寧に葬ってやり、権三郎不動という小さな祠(ほこら)も立ててあげた。それ以来、この川を「笛吹川」と呼ぶようになった。

(紅子※サラ文庫の絵本より 2011-9-5 1:30)


参考URL(1)
http://tamatamanikki.blog90.fc2.com/blog-entry-1150.html
参考URL(2)
http://blogs.yahoo.co.jp/qazxswedcvfr2004jp/49314198.html
ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
場所について権三郎不動(笛吹権三郎遺跡)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第29巻-第145話(発刊日:1979年4月28日)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
9.6667 9.67 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/9/5 1:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

41 人のユーザが現在オンラインです。 (28 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)