このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0204
はじめてふったゆき
はじめて降った雪

放送回:0126-B  放送日:1978年03月18日(昭和53年03月18日)
演出:藤本四郎  文芸:沖島勲  美術:内田好之  作画:上口照人
福島県 ) 13671hit
村人達は領主の見回りを恐れるが、初めての雪が降り難を逃れた。

昔むかし、福島県の会津地方あたりでは1年じゅう陽気でぽかぽかしておって冬になっても寒さを知らずに過ごすことができましたそうな。

ところで、ある村では領主様が突然、お見回りに来られることになりました。さぁ大変。何しろ昨年、となり村では、村にちりが落ちていたという理由で、打ち首になったり牢に捕らわれたり年貢が倍にされたりしたそうな。村人は総出で掃除をするが風が吹けばまた元通り。その日の夕方、村の茶屋で集まって相談するが、ほとほと困っておった。

そこへ、旅の坊さんが現れた。お茶をふるまわれたお坊さんは「こういうことは何とかなるもんじゃよ」と不思議なことを言うたそうじゃ。村人は坊さんの言うことを信じることはできなかったが、どうすることもできんかった。

夜が更けるにしたがい、村人の不安はどんどん募っていった。村人のひとりが「あのうそつき坊主だけはがまんならねぇ。ぶっ叩いてやる。」と、外に飛びだすと、あたりは雪景色になっておった。

会津地方では、その頃まで雪というものは降ったことがなかった。それでこの白くて冷たいものが何なのか分からなかった。「お坊さんが言われたのはこのことではねぇだか。」村にはもうちり1つ見つけ出すことはできんかった。「これで領主様が来られても大丈夫だ。」

村人が坊さんにお礼を言いに行ったが、もうどこにもおらんかった。それからこの地方では毎年雪が降るようになり、大雪豊作というて雪がどっさり降った年は穀物の収穫も豊かになったという話じゃった。

(投稿者: もげお 投稿日時 2012-3-20 19:54 )


ナレーション市原悦子
出典片平幸三(未来社刊)より
出典詳細福島の民話 第一集(日本の民話13),片平幸三,未来社,1958年10月31日,原題「はじめて降った雪」,採録地「河沼郡笈川村」,話者「柏木天遙」
場所について福島県会津の河沼郡旧及川村付近(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.5000 8.50 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/3/20 21:46 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (21 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)