このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0203
くしきいろのおおじか
奇しき色の大鹿
高ヒット
放送回:0126-A  放送日:1978年03月18日(昭和53年03月18日)
演出:辻伸一  文芸:沖島勲  美術:下道一範  作画:辻伸一
宮崎県 ) 20776hit
あらすじ

昔、九州の山国での話。

ある村に長者がおり、この長者には美しい一人娘がいた。娘の美しさは村の評判となり、娘を一目見たさに大勢の男が毎日長者の家の門に押しかけた。

ところが、ある時から娘は姿を見せなくなった。娘が姿を現さなくなったため、次第に人々の足も長者の家から遠のいていった。しかし、ここに平作(へいさく)という若者がおり、娘を見ることが出来なくても、毎日長者屋敷に足繁く通っていた。ある日、平作は屋敷に出入りする医者から娘が重い病を患っていると知る。

それからまもなくして、村は大雨に見舞われ、平作は増水した川に流されてしまう。平作が滝から落ちかけたところ、不思議な光を放つ大鹿が現れ、平作の命を救った。平作は大鹿に感謝し、お礼になんでも言うことを聞くと言った。大鹿は言う。「礼などいらぬが、自分のことを決して村の者に話さないでほしい。」平作は、このことは決して誰にも漏らさぬと大鹿に約束する。

平作が村に帰ってみると、なにやら長者の家の前に立て札が立っている。それは、「奇しき色の大鹿の居場所を教えたものには、望みの褒美を与える。」というものだった。奇しき色の大鹿の生き血を飲ませれば、娘の病が治ると長者に言った者がいたのだ。

これを知った平吉は、家に篭って一人悶々と悩んだ。娘の病気は治したいが、大鹿との約束も破れないからだ。しかし、平吉はとうとう大鹿の居場所を長者に知らせてしまう。これを聞いた長者は、早速大鹿を撃ちに出かける。

長者の一行は、平作の落ちかけた滝で大鹿を見つけた。すると長者を目にした大鹿は言う。「私は命は惜しくないが、この場所を言った者を教えてほしい。」平作は耐え切れず、自分が知らせたと白状し、事の一部始終を話した。大鹿が平作の命の恩人と知った長者は、大鹿を撃たずに引き返した。

その後、長者の娘の病はすっかり良くなったが、平作は命の恩人を裏切った己を恥じたのか、姿を消してしまった。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2011-9-10 9:09 )


ナレーション市原悦子
出典比江島重孝(未来社刊)より
出典詳細日向の民話 第二集(日本の民話43),比江島重孝,未来社,1967年12月20日,原題「奇しき色の大鹿」,採録地「西都市妻町酒元」,話者「松下ハツ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.0000 7.00 (投票数 7) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/9/10 19:41 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

133 人のユーザが現在オンラインです。 (59 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)