このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0179
ねこだけのねこ
猫岳の猫
高ヒット
放送回:0111-B  放送日:1977年11月26日(昭和52年11月26日)
演出:小林三男  文芸:沖島勲  美術:青木稔  作画:昆進之介
熊本県 ) 57000hit
あらすじ

昔、阿蘇山の麓の深い草むらの中を、一人の旅人が歩いていました。この辺りは、九州中の猫が集まって化け猫の修業をするという、恐ろしい噂がある場所でした。

旅人は、道に迷って不安になっていると、遠くに灯りのともった立派な屋敷がありました。旅人は一晩の宿を借りようと、屋敷の玄関で声をかけました。

すると、奥から女が出てきて、何とも気味の悪い座敷に案内してくれました。旅人は、ご飯の前に風呂へ入ろうと、屋敷内の長い廊下を歩いていました。その途中、すれ違った別の女の人が、旅人の顔を見て大慌てで駆け寄ってきました。

女の人は「私は以前、お隣にいた三毛猫です。ここで湯に入ったり飯を食ったりすると、猫になってしまう。すぐにお逃げなさい」と、旅人に忠告しました。

旅人は、急いで屋敷から逃げ出しましたが、屋敷の女たちは湯の入った桶を持って追いかけて来ました。旅人は必死になって走りましたが、先回りした女たちは岩場の上から旅人めがけて湯をぶっかけました。

旅人は、降りかかる湯をどうにか避けて、ようやく逃げ帰ることができました。でも、お湯のしぶきがかかった耳の下と脛(すね)の辺りには、もう猫の毛が生えていたそうです。

(紅子 2013-10-20 1:52)


参考URL(1)
http://www.geocities.jp/aosora_nosita/tozan_nekodake.html
ナレーション市原悦子
出典松谷みよ子(講談社刊)より
出典詳細日本の伝説4(松谷みよ子のむかしむかし09),松谷みよ子,講談社,1973年11月20日,原題「猫岳のねこ」,採録地「熊本県」
備考採録地は転載された本(日本の伝説上巻,松谷みよ子,講談社,1975年5月15日)で確認
場所について阿蘇山の根子岳(猫岳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第24巻-第118話(発刊日:1978年9月18日)
サラ文庫の絵本より猫の祖先が、日本にいつごろやってきたのか、またどうして猫とよばれるようになったかは、はっきりわかっていません。ただ、古い書物によると、九世紀ごろには、いまのように日本にすみついていたようです。いずれにしても、暖かい南方の国からやってきたことはたしかで、それは猫がとても寒がりなことからもよくわかります。さて、猫にまつわる伝説には二種類あって、ひとつは、年老いた猫が、化けて人に危害をくわえるもの、もうひとつは、猫が飼い主に恩をかえすというものです。その二つの要素が、このおはなしには、うまくとりいれられています。ところで、この物語の舞台になった猫岳(根子岳)は、阿蘇山のなかでももっとも古い火口丘といわれていいます。(かっこ枠なし)
9.2000 9.20 (投票数 20) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/10/20 1:52 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

47 人のユーザが現在オンラインです。 (25 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)