このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0178
たぬきがともだち
狸がともだち

放送回:0111-A  放送日:1977年11月26日(昭和52年11月26日)
演出:冨沢雄三  文芸:沖島勲  美術:西村邦子  作画:冨沢雄三
高知県 ) 17859hit
あらすじ

むかしむかし、ある村に『かねやん』というお百姓がおった。かねやんは狸と仲が良くて、話ができるという話じゃった。昔には珍しい人もおったことよなぁ。

ある日、かねやんは権兵衛の家へ用事で出かけた。すると権兵衛は寝込んでおって、布団の足元に狸が取り憑いておった。かねやんが怒ると、狸は「他に行く所が ないんじゃ!」と言い返す。じゃが「儂らみたいな貧乏人じゃなく、金持ちの金兵衛さん所へ行けや!」と、かねやんが怒鳴ると、狸は出て行ったんじゃと。取 り憑いた狸の姿が見えない権兵衛はキョトンとしておったが、狸が出て行くとたちまち元気になったそうな。

その後、狸はかねやんに言われたとおり金兵衛さんに取り憑き、金兵衛さんは寝込んでしもうた。かねやんは、ほんの思いつきで言ったのじゃが、金兵衛さんにはいい迷惑じゃった。

何日かして金兵衛さんが寝込んでいると聞いたかねやんは、早速見舞いに出かけた。するとまたまた、狸が金兵衛さんの布団の足元に取り憑いておった。
「こら狸、お前なんでこんな所におるんじゃ?」
「かねやんが金兵衛さんに取り憑け言うたんじゃないか!」
「何、儂はそんなことは絶対に言わんぞ!言うたかどうか忘れてしもうた!」
「絶対に言うた!狸は嘘はつかんきに!」
かねやんと狸はとうとう取っ組み合いの大喧嘩。そうして、かねやんは何とか狸を屋敷から叩き出したそうな。

狸が出て行って元気になった金兵衛さんは、かねやんが狸を自分に憑かせたと言って怒りだしたが、かねやんが平謝りに謝って、やっとのことでこの騒ぎは収まったそうな。

ところでその後、狸がどうしたかというと、他に行く所もなしという訳で、かねやんの家におって、食事等も三度三度よばれておりますそうな。まあ、昔には色々と妙な話があったものじゃ。

(投稿者: ニャコディ  投稿日時 2012-12-31 18:08 )


ナレーション常田富士男
出典市原麟一郎(未来社刊)より
出典詳細土佐の民話 第二集(日本の民話54),市原麟一郎,未来社,1974年08月30日,原題「狸が友だち」,採録地「高知市」,話者「森田保」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.2500 8.25 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/1/1 4:54 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

155 人のユーザが現在オンラインです。 (54 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)