このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0174
きつねのくれたぶんぶくちゃがま
狐のくれた文福茶釜

放送回:0108-A  放送日:1977年11月05日(昭和52年11月05日)
演出:漉田實  文芸:漉田實  美術:内田好之  作画:上口照人
山形県 ) 10502hit
あらすじ

昔、米沢の常慶院(じょうけいいん)というお寺でのお話。

その頃、このお寺の裏山にはたくさんの狐が住んでいて、その中でも弥八郎という狐が一番の化け上手だった。

ある日のこと、弥八郎ギツネが若者に化けてお寺の和尚さんのことろにやって来た。京都に稲荷の位をもらいに行く間、大切な巻物を預かってほしいというのだ。和尚さんは快く引き受け、弥八郎ギツネが帰ってくるまで、大切に管理してやった。

京都からやっと帰ってきた弥八郎ギツネは、お礼にと珍しい茶釜を和尚さんに差し出した。それは、米1粒が一晩で茶釜一杯に増えるというありがたい茶釜だった。

ある晩の事、ひょっこりとまた弥八郎ギツネが訪ねてきた。茶釜を使って、キツネの綱渡り芸を見せてあげると言うのだ。

その綱渡り芸の素晴らしさに見とれていた和尚さんは、思わず「これは素晴らしい!」と声をだした。その途端、弥八郎ギツネは綱を踏み外して綱から落ちてしまった。おまけに落ちた拍子に、茶釜のふたが割れ木の葉になってしまい、それから茶釜の米は増えなくなってしまった。

今でもその茶釜は、常慶院の宝物として残っているそうだ。

(紅子※サラ文庫の絵本より 2011-8-19 23:32)


ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
場所について常慶院(じょうけいいん)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第27巻-第135話(発刊日:1978年12月20日)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
7.0000 7.00 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/8/19 23:32 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

33 人のユーザが現在オンラインです。 (20 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)