このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0166
あかいも
赤いも

放送回:0103-A  放送日:1977年10月01日(昭和52年10月01日)
演出:前田庸生  文芸:沖島勲  美術:下道一範  作画:森田浩光
要調査 / 山口県 ) 17072hit
あらすじ

昔、働き者だが貧しい母親と男の子が住んでいた。

ある日、母親が男の子に「この世で一番大切なものは何か」と聞いた。男の子は「お金」と答えた。母親は「お金ももちろん大事だが、世の中にはもっと大事なものがある」といった。男の子にはそれが何なのかわからなかった。

やがて母親は病気にかかり亡くなった。亡くなる直前に男の子に「自分が嫁入りした時に持ってきた赤いもが床下にある。それを畑に植えるように」と伝えた。

男の子は畑一面に母親の言った通りに赤いもを植えた。小さい男の子にとっていもの世話は大変だったが、赤いもはぐんぐん育っていった。

やがて赤いもが立派に育ったのを見たときに、男の子は母親が言っていた「世の中にはお金よりもっと大事なものがある」という言葉を思い出した。「おっかぁ、お金より大事なものがわかったぞぉ」と夕日に向かって叫んだ。

そしてその後、この村では赤いもを育てるようになった。

(投稿者: カケス 投稿日時 2012-10-26 22:01 )


ナレーション常田富士男
出典山口のむかし話(日本標準刊)より
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
10.0000 10.00 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/10/27 1:00 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

32 人のユーザが現在オンラインです。 (27 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)