このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0153
あんちんきよひめ
安珍清姫
高ヒット
放送回:0094-B  放送日:1977年07月30日(昭和52年07月30日)
演出:馬郡美保子  文芸:沖島勲  美術:馬郡美保子  作画:馬郡美保子
写真あり / 和歌山県 ) 79299hit
姫がお坊さんを愛しすぎて、とうとう恐ろしい大蛇になった

昔、安珍という若いお坊さんが、熊野大社(くまのたいしゃ)へお参りする途中、庄屋さんの家に一晩泊めてもらった。庄屋さんの一人娘の清姫と出会い、二人とも強く心惹かれあった。安珍は、「熊野大社からの帰りに、必ずまた立ち寄るから」と、言い残して庄屋の家を出発した。

しかし、到着した熊野大社の僧侶に心の迷いを見抜かれ、目を覚ませと諭された。修業中の身であった安珍は改心し、清姫と会わないよう帰り道とはちがう道を帰る事にした。清姫はそんな事とはつゆしらず、安珍の帰りを待ちわびて、見知らぬ旅人に声をかけた。「あの、もし。熊野詣からの帰りの、若いお坊さまにお会いになりはしませんでしたか?」

別の道で帰ったと知った清姫は、わけがわからず混乱しながらも必死に安珍を追いかけた。日高川を船で渡る安珍を見つけたが、清姫は日高川で溺れてしまった。清姫は、赤い火を吐く恐ろしい大蛇の姿に変化し、さらに安珍を追い続けた。

安珍は必死の思いで道成寺(どうじょうじ)に逃げ込み、釣鐘(つりがね)の中に隠れた。大蛇になった清姫は、安珍の隠れた釣鐘に体を巻きつけ、真っ赤な炎を吐き続けて、とうとう安珍を焼き殺してしまった。

(紅子 2011-8-28 20:59)


参考URL(1)
http://www.dojoji.com/anchin/
ナレーション常田富士男
出典(表記なし)
DVD情報DVD-BOX第3集(DVD第12巻)
VHS情報VHS-BOX第6集(VHS第57巻)
現地・関連お話に関する現地関連情報はこちら
場所について道成寺(どうじょうじ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第22巻-第109話(発刊日:1978年3月20日)/国際情報社BOX絵本パート2-第062巻(発刊日:1980年かも)/講談社テレビ名作えほん第036巻(発刊日:1981年1月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「道成寺の伝説」
講談社の300より書籍によると「和歌山県のお話」
8.8000 8.80 (投票数 15) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/8/28 20:59 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

24 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)