このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1465
かつらぎせんにん
葛城仙人

放送回:0947-B  放送日:1994年08月20日(平成06年08月20日)
演出:前田こうせい  文芸:沖島勲  美術:小出英男  作画:前田こうせい
大阪府 ) 19101hit
あらすじ

むかし、葛城山(かつらぎさん)の山奥深くに小鹿(おじか)という男がいた。小鹿は数年前、諸国を巡り歩いている時、行き倒れて死にかけてるところを、ここ葛城山のふもと和泉の里の人々に助けられたのだった。小鹿はそれから葛城山に籠り、仙人になろうとして厳しい修行を積んだ。しかし神通自在を得て、空を飛ぶ仙人になることはなかなか出来るものではなかった。

ある年、ひどい日照りが続いて、和泉の里は田も畑も焼けただれ、作物が全く育たなかった。小鹿はこの惨状を見て、山の中の行場へ向かった。そこには山じゅうの水を集めて、わずかに流れ落ちる滝があった。小鹿はそこで滝に打たれながら、何も食わずに、ひたすら雨の降ることを念じた。山の動物たちも小鹿のために雨乞いの踊りを踊ったが、雨はなかなか降らなかった。

そして三日目の朝、小鹿はバッタリと倒れて意識を失ってしまった。小鹿が生き死にの境をさまよっている中、小鹿の夢に仏様が現れた。仏様は小鹿に言われた。「小鹿よ、おまえが里人を思う気持ちはわかった。おまえに雨を降らせる力を授けよう。このひょうたんを持って、里の空へ飛んで行け。その中には雨の種が入っている。里の上でひとしずくだけ落とすがよい。二しずく落としてはならぬぞ。」

小鹿が目を覚ますと、手には夢で仏様から授かったひょうたんがあった。小鹿はひょうたんを持って山の崖のところに来た。しかし、崖から下を見下ろすと、やはり本当に空を飛べるかどうか不安になった。「オラ、どうなってもいい。あの里を救いたい。」小鹿は意を決して崖から跳んだ。すると、小鹿の体は見事に空を飛んだ。

小鹿は嬉しくなり、里の上空でひょうたんから雨の種を一しずく落とした。すると、たちまち里に雨が降り、土地は息を吹き返した。里人は小鹿を葛城仙人といって里の守り神さんとした。ただ、この守り神さん、おっちょこちょいなところもあり、たまに雨の種を二しずく落としてしまい、村が大水に浸ることもあったそうな。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2011-6-25 11:36 )


参考URL(1)
http://www.city.kishiwada.osaka.jp/soshiki/3/mukashi7-1-katsuragisennin.html
ナレーション常田富士男
出典大阪府
場所について和泉葛城山
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.3333 8.33 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/6/25 20:48 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

38 人のユーザが現在オンラインです。 (34 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)