このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1456
ねずみのよめさん
ねずみの嫁さん

放送回:0938-B  放送日:1994年06月18日(平成06年06月18日)
演出:小林三男  文芸:沖島勲  美術:小出英男  作画:上口照人
沖縄県 ) 15248hit
あらすじ

昔、沖縄の竹富島の海に、東の岩(あいのいわ)と西の岩(いるのいわ)という岩がありました。それぞれの岩には男女のネズミが住んでいて、お互いやがては結婚したいと思っていました。

ある時、東の岩の近くを一匹のボラが通りかかりました。東の岩に住む男ネズミは、ボラに頼んで、西の岩に住む女ネズミに自分の思いを伝えてもらう事にしました。ボラが「手ぶらで行くのはマズイのでは?」と言うので、男ネズミは、ネズミの好物である小魚を持って行ってもらうことにしました。

ボラは小魚をたくさん持って、女ネズミの西の岩へ行き、無事に婚礼話をまとめてくれました。しかし、ボラが同じ仲間である小魚を捕った事で、海の中では魚の仲間たちからさんざん責められました。

この時から、ボラはもちろん、他の魚たちも東の岩と西の岩に近寄らなくなりました。岩のネズミ達は、婚約はしたものの、泳げないので海を泳いで渡ることもできず、それぞれの相手の岩を眺めて涙を流す日々を過ごしました。

ついに意を決した男ネズミは、海に飛び込み必死に泳ぎ始めました。途中で沈みかけながらも、ボラの助けもあり、男ネズミはどうにか西の岩までたどり着くことができました。

やっと会うことができたネズミ達は、魚や波の祝福を受けながらめでたく結婚しました。それからは、泳ぎも練習して毎日楽しく過ごしたそうです。

(紅子 2013-9-18 1:17)


ナレーション市原悦子
出典沖縄の伝説(日本標準刊)より
場所についてみさし海岸の沖合にある、東の岩と西の岩
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
6.7500 6.75 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/9/18 1:17 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

42 人のユーザが現在オンラインです。 (34 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)