このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1445
きつねべら
狐べら

放送回:0927-B  放送日:1994年03月26日(平成06年03月26日)
演出:江口摩吏介  文芸:沖島勲  美術:阿部幸次  作画:江口摩吏介
岩手県 ) 14288hit
結局キツネに騙されちゃった長者どんの話

昔、ある所に長者さんがいて、ある暑い夏の夜に庭で涼んでいた。庭の岩陰で、持つと空を浮遊できるという不思議なヘラを拾った。

その夜、長者さんの所へ美しい芸者さんに化けたキツネが訪れて、あのヘラを返して欲しいと言った。狐はヘラの代わりに、被ると自分の姿が消えるという「錦の風呂敷」を置いて行った。

長者さんは錦の風呂敷を大変気に入り、ふんどし一丁になって、この風呂敷を頭からかぶって姿を消した。そして女中たちが囲炉裏(いろり)で茄子田楽を焼いているところに潜り込み、目の前で串から茄子を引っこ抜いて見せた。

しかし錦の風呂敷とは、実はただの腰巻で、ふんどし姿の長者さんは最初から丸見えだったのだ。女中たちに大笑いされた長者さんは、結局キツネに騙されたという事でした。

(紅子 2011-11-19 22:26)


ナレーション市原悦子
出典岩手県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
9.2308 9.23 (投票数 13) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/19 22:26 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

137 人のユーザが現在オンラインです。 (53 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)