このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1429
おこぜのとげ
おこぜのトゲ

放送回:0911-A  放送日:1993年11月27日(平成05年11月27日)
演出:やすみ哲夫  文芸:沖島勲  美術:柴田千佳子  作画:古宇田文男
四国地方 ) 14130hit
あらすじ

ある時、竜宮の姫さまが重い病にかかりました。

魚たちは相談して、病気に効くという「山の神様の桃」を取りに行く事になりました。しかし、魚たちは山の神さまが怖いので、誰も名のり出る者はいませんでした。そこで、醜い顔のオコゼをこの時とばかりにおだてて、山の神さまのところへ桃を取りに行かせました。

オコゼから姫さまの事を聞いた山の神さまは「竜宮の姫さまを嫁にくれれば、桃をひとつあげても良い」と、取引を持ちかけました。オコゼは仕方なく姫さまとの仲人の約束をして、桃をもらって逃げるように竜宮へ帰っていきました。

この桃を食べた姫さまは、すっかり病気が治り元気になりましたが、山の神さまの桃の力により妊娠してしまいました。どんどん膨れるお腹に気がついた両親はカンカンに怒り、姫を竜宮から追い出してしまいました。

仕方なく姫さまとオコゼは、身重な体で山の神のところへ行き、そこで出産する事にしました。やがて姫さまは産気づき、三日三晩かけてなんと404人もの子供を産みました。出産のお世話をしていたオコゼが、子供の足に触るとオコゼのとげの毒で足が悪くなり、腹に触ると腹が悪くなり、頭に触ると頭が悪い子どもになりました。

最初は喜んでいた山の神でしたが、あまりの子供の多さにほとほと嫌になって、子供たちを追い出してしまいました。あちこちに飛び散った子供たちのおかげで、人間界に404の病が始まることになりました。

こんな事があって、山奥に引っ込んでしまった山の神は、女人が山へ来るとたちまち機嫌が悪くなるようになりましたとさ。

(紅子 2012-7-31 0:14)


ナレーション市原悦子
出典辺見じゅん(角川書店刊)より
出典詳細神々の物語(日本の民話03),辺見じゅん=清水真弓,角川書店,1973年10年25日,原題「山の神とおこぜ」,伝承地「四国地方」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
9.2500 9.25 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/7/31 0:14 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

14 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)