このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1424
だいぶつのくいにげ
大仏の食いにげ
高ヒット
放送回:0906-A  放送日:1993年10月16日(平成05年10月16日)
演出:白梅進  文芸:沖島勲  美術:安藤ひろみ  作画:坂本英明
写真あり / 京都府 ) 20112hit
鋼でできた大仏はクワーン、木でできた大仏はコツコツ。

昔、京の大仏さんと奈良の大仏さんが一緒に伊勢参りに行くことにしました。

大きな体の二人でしたが、なかなか伊勢には到着せず昼になってお腹が減ってきました。そこで山の中の蕎麦屋に立ち寄り、二人ともお腹いっぱい食べました。しかし、食いに食いまくった後に、二人ともお金を持っていない事に気が付きました。

これはエライことになった、と蕎麦屋の主人に気づかれないように走って逃げだしました。しかし体が大きい大仏さんの事、すぐに息切れして走れなくなり、カンカンに怒った蕎麦屋の主人に追いつかれてしまいました。

蕎麦屋が、棒(蕎麦打ち棒)で奈良の大仏さんの頭を叩くと「クワーン、クワーン」と鳴りました。それを聞いた蕎麦屋は「おのれ!あれだけ食っといて“食わん食わん”とは何事だ」と言い、今度は京の大仏さんの頭を叩きました。すると「コツコツ」と音が鳴り、「コツコツ返すというなら、そう言わんかい」と言って、許してくれました。

それから二人は一生懸命にお金を貯めて、蕎麦代をコツコツ返したそうです。

(紅子 2011-12-24 23:04)


ナレーション市原悦子
出典京都のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細京都のむかし話(各県のむかし話),京都のむかし話研究会,日本標準,1975年03月20日,原題「大仏の食いにげ」,採録地「京・山城の話」
現地・関連お話に関する現地関連情報はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.1667 7.17 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/24 23:04 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

39 人のユーザが現在オンラインです。 (34 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)