このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1421
おさんぎつねとじんべえ
お三ギツネと甚べえ

放送回:0904-A  放送日:1993年09月18日(平成05年09月18日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:板倉佐賀子  作画:大森幸夫
福岡県 ) 8167hit
化かし上手なキツネと、トンチ名人の話

昔、福岡の足立山の近くに、大きな二つの池がありました。池の近くには、お三という女ギツネと4匹の子狐が住んでいました。

ある日の夕方、馬方の甚べえがこの近くを通りかかると、偶然お三が若い娘に化けるところを目撃しました。あまりに美しい娘に化けたので、甚べえは思わず「オラと一緒に町に出かけよう」と声をかけました。

急に人間から声をかけられ、最初は恐がっていたお三でしたが、熱心に口説かれているうちに、またウマい物も食べられると考え、一緒に町へ出かける事にしました。

二人は飯屋で御馳走と酒をたいらげ、やがてお三は酔いがまわってきました。甚べえは頃合いを見計らい、一人でそっと飯屋から抜け出しました。そうとも知らないお三は、すっかり酔いつぶれ、立派なしっぽを飛び出したまま寝込んでいました。

しばらくして様子を見に来た飯屋の主人が、眠っている娘はキツネが化けたものと気が付き、ほうきでお三をめった打ちにしました。お三は命からがら、子狐たちがいる巣へ逃げ帰っていきました。

翌日、傷だらけになったお三を、子狐たちが理由もわからず必死に介抱していました。そこへ、昨夜の事を反省した甚べえが、お詫びにと美味しい酒まんじゅうを持ってやってきました。

子狐たちは大喜びで酒まんじゅうを食べようとしましたが、お三は「その饅頭は馬の糞かもしれないから食べてはだめだ」と制止しました。※人を化かすキツネが、逆に人に化かされないよう警戒したのは、後にも先にもこの甚べえだけでしょう。

(紅子 2012-10-18 22:09)


ナレーション市原悦子
出典福岡の伝説(日本標準刊)より
場所について北九州市の大谷池(お三と子ぎつねが近くに住んでいた)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
5.8000 5.80 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/10/18 22:09 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

38 人のユーザが現在オンラインです。 (29 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)