このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1413
ちいさなりょうけん
小さな猟犬

放送回:0898-A  放送日:1993年08月07日(平成05年08月07日)
演出:吉田利喜  文芸:沖島勲  美術:安藤ひろみ  作画:吉田利喜
ある所 ) 7596hit
あらすじ

昔、山の中の小さなお寺に、和尚さんが一人で住んでいました。夏になると大量な蚊やノミに襲われて、なかなか眠ることが出来ないでいました。

ある晩の事、夕食をすませてぼんやり寝転んでいると、どこからか小さい馬が現れました。この馬の背には、立派に武装した小さな小さな武士が乗っていました。やがて、また別の小さな馬が現れ、やっぱり背には小さな武士が乗っていました。

いつのまにやら、部屋中に小さな武士たちがひしめき合い、空を飛んでいる蚊を見つけると肩に乗せていた鷹を放ちました。また、畳の上で跳ねているノミを見つけると、連れていた小さな猟犬に追わせました。しばらくの間、和尚さんの部屋の中で激しい戦いが続き、やがて静かになりました。

そこへ黄色の衣をつけ金色の冠をかぶった人が、小さな牛車に乗って現れました。武士たちは、捕えた蚊やノミを誇らしげに高々と差し上げ、黄色い衣の人は何やらねぎらいの言葉をかけている様子でした。やがて牛車も武士たちも空中に舞いあがり、外へ消えていきました。

不思議な事もあるもんだ、、、和尚さんが周囲を見渡すと、一匹だけ小さな猟犬が壁のきわに残っていました。和尚さんは犬をつまみあげ、大事に硯箱(すずりばこ)の中に入れました。この犬は、ご飯をやっても一向に食べることなく、その代わりノミや蚊を一匹残らず捕まえました。

おかげで、和尚さんも安心して熟睡することができ、朝晩のおつとめに励む事ができるようになりました。

(紅子 2012-5-11 0:20)


ナレーション市原悦子
出典川崎大治(童心社刊)より
出典詳細日本のふしぎ話(川崎大治 民話選3),川崎大治,童心社,1971年3月20日,原題「小さな猟犬」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
9.1429 9.14 (投票数 7) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/5/11 0:20 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

40 人のユーザが現在オンラインです。 (27 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)