このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1405
とんびになる
トンビになる

放送回:0893-A  放送日:1993年06月26日(平成05年06月26日)
演出:三輪孝輝  文芸:沖島勲  美術:三輪孝輝  作画:三輪孝輝
福岡県 ) 7740hit
あらすじ

昔、九州は福岡での話。

庄屋どんの所に、茂左(もさ)という作男がいた。この茂左という男、どういう訳かトンビが大好きで、よく松の木のある高台のそばに来ては、トンビを眺めていた。

ある、のどかな春の日、茂左は畑の草取りを終えると、今日もトンビを眺めては、トンビの真似をしながら畑の周りを駆け回っていた。そして、自分もトンビのように空を飛べたら、どんなにか気持ちがいいだろうと思うのだった。

これを見た庄屋の爺さま、ちょっと茂左をからかってやろうと思い、こんなことを言った。

「ワシは、人をトンビにする術を心得ておる。お前は、この松の木のてっぺんに登って、ワシ言う通りにするんじゃ。」

これを聞いた茂左は、大喜びで松の木に登っていった。茂左が松の木のてっぺんに登ると、庄屋の爺さまは、順番に左足、右足、左手を枝から放すよう茂左に言った。茂左は言われた通りにして、今や右手一本だけで松の木の枝にぶら下がっている。

そこで爺さまは、「ついでに右手も放せ~!!」と松の木の下から言った。茂左はこれを聞くと、何の疑いもなく右手を放した。茂左の体は、地面目がけて真っ逆さまに落ちて行く。すると落ちていく最中、なんと茂左は本当にトンビになってしまったのだ。トンビになった茂左は、空の彼方へと飛んで行く。

これを見て驚いた爺さまは、大急ぎで婆さまを呼んだ。爺さまは、自分もトンビになれるのではないかと思い、自分が茂左にしたのと同じように、松の木の下から声をかけるよう婆さまに言った。

こうして、爺さまは松の木のてっぺんに登ると、婆さまに言われた通り、左足、右足、左手を放した。そして最後に、婆さまの言う「右手を放せ~!!」の声で右手を放した。

爺さまは、木から真っ逆さまに落ちるが、どうした訳か今度は何も起こらず、そのまま地面に激突してしまう。結局、爺さまは、しこたま頭をぶつけただけで、トンビにはなれなかったという話だ。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2014/4/23 11:31)


ナレーション常田富士男
出典福岡県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.5000 7.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/4/23 11:31 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (22 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)