このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1403
やまんばのひょうたん
山んばのひょうたん
高ヒット
放送回:0892-A  放送日:1993年06月19日(平成05年06月19日)
演出:しもゆきこ  文芸:沖島勲  美術:しもゆきこ  作画:上口照人
福島県 ) 22450hit
あらすじ

昔、あるところに3人のわんぱくな兄弟がいた。兄弟たちはいつもお腹をすかせており、お地蔵さんのお供え物をこっそり食べたりしていた。父親が「そんなことばかりしていると、山んばに食われるぞ」と叱っても、3人とも耳を貸さなかった。

ある日、兄弟たちが村のお堂の前に座っていると突然、大きなひょうたんを持った山んばが目の前に現れた。山んばは自分と相撲を取らないか、と兄弟たちに話しかけた。しかし兄弟たちは腹ペコなので相撲は取れないと断った。

「それでは仕方がない」と言いながら、山んばはひょうたんのふたを取った。すると不思議なことに兄弟たちはひょうたんの中に吸い込まれていった。3人が気が付くとそこはひょうたんの中で、いつの間にか山んばも一緒だった。

兄弟たちが山んばの後をついて歩いていくと、大きなぶどうがなっている木があった。山んばは、一番上の兄にそのぶどうを取らせ、取ったぶどうを3人で分けて食べるように言った。兄弟たちは恐ろしさのあまり、ぶどうの味などわからなかった。

さらに歩いて行くと、今度は大きな実をつけた栗の木があった。山んばは栗の実を全部落とすと、兄弟たちに薪を拾ってくるように言った。山んばは薪で湯を沸かし、その湯で栗をゆでで、兄弟たちに食べさせた。山んばのゆでた栗は、何とも言えずいい匂いがして甘くておいしかった。

兄弟たちは、生まれて初めて腹いっぱいになってそのまま眠ってしまった。やがて、兄弟たちが目を覚ますと、元のお堂の前で眠っており、あたりはすっかり夜になっていた。

そこへ、心配した村の大人たちが迎えに来てくれた。兄弟たちはこれまでの事を大人たちに話したが、誰もその話を信じる者はいなかった。この様子を離れたところから見ていた山んばは、「相撲を取るのはこの次にしよう」とつぶやいていた。

(投稿者: カケス 投稿日時 2012-11-15 22:11)


ナレーション常田富士男
出典福島県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.1667 8.17 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/11/16 1:12 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

17 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)