このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1376
ねこのて
ねこのて

放送回:0874-A  放送日:1993年01月23日(平成05年01月23日)
演出:若林常夫  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:若林常夫
山形県 ) 12526hit
あらすじ

昔、ある庄屋の家で、長年飼われている一匹の年老いた猫がいた。名前はタマ。昔はよくネズミもとったが、最近ではネズミもとらなくなって、毎日昼寝ばかりしている。

庄屋さんのところでは、今年も田植えのシーズンが始まり、この時期になると、男達は田んぼに出て、田植え仕事に精を出し、女性達は男達のために食事の支度などに追われ、皆大忙しである。

そんな中でも、タマは今日も縁側でのんびりとお昼寝。そんなタマを見た女中の一人が、「お前は最近ネズミもとらんと、昼寝ばかりして。こっちは猫の手も借りたいほど忙しいのに。」と、つい愚痴をこぼしてしまう。その言葉の意味が分かったのか、分かっていないのか。チラリと横目で女中を見るタマ。

そんなある日のこと。村の者達が田植え仕事に精を出していると、見慣れない3人の若い娘が突然現れ、田植え仕事の手伝いを申し出てきた。村の男達は、この急な申し出に戸惑い気味であったが、3人娘のうちの一人・・・色白の美しい娘が、自ら歩み出て田んぼに入ると、せっせと田植え仕事を手伝い始めた。

その娘の後ろでは、連れの2人の娘が太鼓を叩き、楽しげな歌と踊りで村人達を鼓舞する。村人達は、その楽しげな歌を聴き、踊りを見ているうちに元気が出てきて、田植え仕事がどんどんはかどっていく。

3人娘の手伝いのおかげもあり、気が付くと、田植え仕事は夕暮れには全て終わっていた。村人達はおおいに喜んで、これもあの3人娘のおかげじゃと、お礼を言おうとするのだが、気が付くと、娘達はどこかへ消えてしまっていた。

そんな不思議な出来事があった翌日。いつぞや、タマに愚痴をこぼしていた女中が、縁側に泥で付けた猫の足跡らしきものを発見する。その跡をたどってみると、また、縁側でひっくり返って昼寝をしているタマと、2匹の猫を見かける。

そしてタマを見て驚いた。タマの手足は泥だらけだったのである。縁側に残された泥は、田んぼの泥である。そしてタマの手足に付いていたものも・・・。そこで女中は気が付く。「タマ!まさかお前が・・・。」

猫の手も借りたいと女中がこぼし、家中の人々が田植え仕事に追われ、大忙しで困っている事に気が付いたタマは、長年お世話になっている家の人達にお礼がしたかったのだろう。それで、仲間の猫達と共に若い娘に化けて、田植え仕事の手伝いをし、自分に出来るせめてもの恩返しをしたのであろう。

( 投稿者: パンチョ 投稿日時 2012-5-25 1:46 )


ナレーション常田富士男
出典江口文四郎「山形のとんと昔」より
場所について山形県西村山郡西川町間沢(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
9.1667 9.17 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/5/25 9:43 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

33 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)