このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1325
まめんばちちょうじゃ
豆ン蜂長者

放送回:0840-A  放送日:1992年04月25日(平成04年04月25日)
演出:前田こうせい  文芸:沖島勲  美術:前田こうせい  作画:前田こうせい
徳島県 ) 6892hit
あらすじ

ワレゴウシとワレワンという、二人の修行僧が旅をしていた。途中、でかい木の下で一休みしていたら、ワレワンのほうが居眠りをし始めた。

すると一匹の豆ン蜂が、ワレワンの耳のあたりを飛び回っていた。ワレゴウシが豆ン蜂を追っ払いながら、ワレワンを起こした。ワレワンは今迄夢を見ていたのだという。その内容は、「この木の下に、小判の入った壺があるから、おまえにやる。」という夢を見たのだという。ワレワンはただの夢だと信じなかったが、ワレゴウシは、正夢だと思い「これからは、別々に旅をして3年後に、またあの木の下で会わないか」と言った。

ワレワンも承知して、二人は別々になった。そのとたんワレゴウシは引き返し、木の下を堀り起こした。すると、夢のお告げのとおり、小判の入った壺がひとつ出てきた。ワレゴウシは、思わず手をあわせて喜んだ。

それから3年後、あの木の下では、大金持ちになった、ワレゴウシが、芸者を引き連れて酒盛りをしていた。そこへ以前と全く変化のないワレワンが、やって来て二人は再会を果たした。そしてワレゴウシが、あの時のいきさつを話し、掘り起こした金で博打場を開いたというのだ。ワレゴウシはワレワンに、「もう坊主なんかやめてしまえ!」と言いながら壺の小判の半分を渡そうとしうた。しかしワレワンは、すっかり呆れて断った。ワレゴウシは、激怒して引き上げていった。

ひとりになったワレワンは、「確か夢では、壺は7つあると言っていたな。」と思い出し、もう一度掘ってみたら、さらに下の方に残り6つの小判の入った壺が出てきた。ワレワンその金を元手に長者になり、困っている人々にも金を分け与えたので、人々から「豆ン蜂長者」と呼ばれるようになったという。

(投稿者: ゲスト 投稿日時 2011-7-3 22:41 )


ナレーション常田富士男
出典徳島県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
10.0000 10.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/7/4 1:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

67 人のユーザが現在オンラインです。 (52 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)