このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1319
ねこだけのかい
ねこ岳の怪
高ヒット
放送回:0836-A  放送日:1992年03月21日(平成04年03月21日)
演出:又野龍也  文芸:沖島勲  美術:青木稔  作画:又野龍也
熊本県 ) 23940hit
あらすじ

昔、阿蘇の根子岳(ねこだけ)のあたりを一人の若者が旅をしていました。

すっかり暗くなってしまった頃、ススキ野原でどこからか人の声が聞こえてきました。若者が声のした方へ歩いていくと、一軒の立派なお屋敷がありました。

若者は一晩の宿を借りようと、お屋敷に入っていきました。すると女の人が現れて、布団が用意されている奥の座敷に案内してくれました。若者は「ご飯の前にお風呂に入るように」と促され、喜んで風呂場へいきました。

風呂場には、風呂焚き係の別の女がいて、若者の顔を見た途端「はやくここから逃げてください」と言いました。この女は、5年ほど前に若者の家の隣にいた猫でした。女は「ここで風呂に入ったり飯を食ったりすると、猫になってしまう」と、若者に言いました。

若者はいそいで屋敷から逃げ出しましたが、それに気が付いた他の女たちが、お湯を入れた桶を持って追いかけて来ました。女たちは、若者を猫にしようと柄杓(ひしゃく)でお湯をまき散らしました。

若者は、崖の上から浴びせられるお湯をかわしながら、どうにか逃げ切ることができました。でも、お湯のしぶきがかかった耳の後ろには、猫の毛がフサフサと生えていました。

(紅子 2013-10-20 1:30)


参考URL(1)
http://www.geocities.jp/aosora_nosita/tozan_nekodake.html
ナレーション常田富士男
出典荒木精之(未来社刊)より
出典詳細肥後の民話(日本の民話27),荒木精之,未来社,1960年06月30日,原題「ねこの王様の家」,採録地「阿蘇郡草部村」,話者「井上一恵」
場所について阿蘇山の根子岳(ねこ岳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.5000 8.50 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/10/20 1:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (9 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)