このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1309
おおかみちょうじゃ
おおかみ長者

放送回:0826-B  放送日:1991年12月21日(平成03年12月21日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:荒井和浩  作画:海谷敏久
四国地方 ) 9927hit
なんとも不思議な狼の恩返し

昔、ある所にものすごく貧乏な若夫婦が住んでいました。明日は正月というのに、粗末な食べ物もついには底をつき、夫婦は一人分の芋粥を譲り合っていました。

あまりの貧乏に情けなくなった男は「いっそ狼にでも食われてしまいたい」と、山の中へ入っていきました。すると、罠にはまって怪我して動けなくなっている一匹の狼に出くわしました。男は狼を罠から外してやり、血止めの為に手ぬぐいで足を縛ってあげました。

結局、男は狼に食われる事すらままならず、トボトボと山の中を歩いていると、一軒の見慣れない人家を見つけました。ふらりと立ち寄ると、老人が一人で座っていて、男はこれまでの貧乏話を切々と話して聞かせました。

すると老人は、男に褌(ふんどし)で目隠しをさせ、手を引いてどこかへ連れだしました。男は老人に言われるがまま、手探りでどこかの戸をあけ階段を登り、何かの箱の中から何かをつかみだして懐へ入れました。しばらくして男がようやく褌を外してみると、そこはいつの間にか自分の家の中でした。

不思議な事に、男の懐には沢山の小判が入っていました。助けた狼の恩返しなんだろうか、とにかく男は村一番の長者になりました。

(紅子 2011-12-31 4:43)


ナレーション市原悦子
出典辺見じゅん(角川書店刊)より
出典詳細土着の信仰(日本の民話06),辺見じゅん=清水真弓,角川書店,1973年9年25日,原題「爺さまとおおかみ」,伝承地「四国地方」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
6.6667 6.67 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/31 4:43 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

32 人のユーザが現在オンラインです。 (20 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)