このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1298
かしきちょうじゃ
かしき長者

放送回:0820-B  放送日:1991年11月09日(平成03年11月09日)
演出:前田こうせい  文芸:沖島勲  美術:前田こうせい  作画:前田こうせい
愛知県 ) 12647hit
あらすじ

昔、ある島にノロマののろ助と馬鹿にされている若者がいた。この若者は、いつまでたっても一人前の漁師になれなかったので、親方に頼んでやっとかしきにしてもらった。かしきとは、船で食事の世話をする炊事番のことだ。

漁師たちは、一人前になれない若者を相変わらず馬鹿にしていたが、それでもこのかしきの若者は嫌な顔一つせず、一所懸命働いた。またそればかりでなく、心のやさしい若者は、残飯が出ると「おいお(お魚)、お上がり。」と言いながら残飯を海にまき、魚に与えるのだった。

それから何年か経ったある日の晩。もう皆が寝静まった後、食事の後片づけを終えたかしきが、床に就こうとした時だった。かしきはおかしな事に気づいたのだ。海の上にも関わらず、船が全く揺れていない。

不思議に思ったかしきは、様子を見に甲板に出てみた。すると何としたことか、そこに海はなく、見渡す限り一面の砂浜が広がっていたのだ。砂浜は、月の光に照らされて黄金色に輝き、なんとも美しい光景だ。かしきは船から降りて、この美しい砂を桶にいれて船に持ち帰った。

そして翌朝起きて見れば、これまた不思議なことに砂浜など何処にもなく、船はいつものように海の上をはしっている。かしきは、漁師たちに昨晩の出来事を話してみたが、そんな話を誰も信じるはずもない。それではと、かしきはその証拠に桶に入れた砂を見せることにした。

そして桶を見に船底に下りてみれば、そこにあったのは桶いっぱいの砂金だった。これを見た親方はこう言った。「かしきはいつも“おいお、お上がり”と言って魚に食べ物を与えてきた。竜宮の神様がそれをお喜びになったのだろう。」

こうして砂金は全てかしきの物となり、このかしきは大変な長者になったそうだ。しかし長者になった後も、このかしきは決して驕ることなく、島のために大きな船を買い、幸せを皆と分かち合ったということだ。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2012-10-17 20:32)


ナレーション常田富士男
出典(表記なし)
備考出典元不明ですが、初期版のリメイク版である点をふまえ「愛知」としています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
6.2500 6.25 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/10/17 20:32 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

18 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)