このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1277
るすがいわ
るすが岩
高ヒット
放送回:0807-B  放送日:1991年08月03日(平成03年08月03日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:千葉秀雄  作画:柳田義明
山梨県 ) 23865hit
あらすじ

昔、甲州の河口湖畔の大石村に大火が出て多くの家々が燃えた。火事の後、復旧工事のためたくさんの大工が村にやって来た。

その大工の中に、河口湖の向こうの小海村の幸右衛門(こうえもん)という大工もいた。何ヶ月も大石村にとどまるうちに、幸右衛門と大石村の娘おるすは愛し合うようになっていた。だが、幸右衛門には親の決めたいいなずけが小海村にいたのだった。

そして工事が終り、幸右衛門が小海村へ帰る日となった。おるすは幸右衛門に「お嫁にしてよ」と言ったが、幸右衛門は「百晩欠かさずオレの所へ通って来たら、夫婦になってやる」と、適当な返事をして小海村へ帰って行った。

おるすは幸右衛門の言葉を信じ、それから毎晩たらい舟に乗り河口湖を渡った。おるすは、幸右衛門が灯す「勝山明神の灯」を頼りに、雨が降っても風が吹いても欠かさず通い続けた。おるすのあまりの執念に、幸右衛門はそのうちうとましくなってきた。

そしてとうとう百日目の晩になった。その晩は嵐で、おるすは勝山明神の灯だけを頼りに、たらい舟をこいでいた。だが幸右衛門は「この嵐じゃまさか今夜は来ないだろう」と考え、自らの手で灯を消してしまった。

目印を失ったおるすのたらい舟は、湖の中程で立ち往生し、やがて岩にぶつかり沈んでしまった。そしておるすはそのまま水死してしまった。翌朝、おるすの死を知った幸右衛門は、その夜、闇に紛れてどこへともなく姿を消してしまった。

そのおるすの舟がぶつかった岩を「るすが岩」と言うようになった。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


参考URL(1)
http://blogs.yahoo.co.jp/yyabe/28988856.html
参考URL(2)
http://design-archive.pref.yamanashi.jp/oldtale/2722.html
ナレーション常田富士男
出典山梨県
場所について富士河口湖町大石 河口湖畔の留守が岩
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.8000 7.80 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

123 人のユーザが現在オンラインです。 (66 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)